サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

大森貴洋のチャレンジを支えるテクノロジーPR

夢を叶える信頼のものづくり/ヤマハ発動機

siteB=文
2016年5月1日、バスマスターエリートシリーズ第4戦(レイク・ウィーラー戦)を制した大森貴洋。
11年ぶり6度目の優勝となる彼の活躍の裏にはヤマハの船外機があった。


ysmaha04

ゴールを定め、日々努力を重ね、感謝を忘れないこと


プロを目指している人、そうでない人も

バスフィッシングにおいても必要なのは毎日の積み重ねです。

長いトータルの目標を定め、それに向けて1年毎、さらに日々の目標へ。

そうした積み重ねが必ず結果につながると信じています。

そして、自分を応援してくれる人への感謝の気持ちを忘れないこと。

チャレンジできる環境にいられるのも周囲のサポートがあってこそ。

そんな気持ちを忘れずに、バスフィッシングを楽しんで欲しいです。

大森 貴洋



エリートシリーズを戦う大森貴洋さんと、彼をサポートするヤマハチームをフィーチャーしたムービーが公開されています。

結果を出すために日々の努力が大切だと話す大森さん。

彼にとって、トラブルの少ない船外機を使えるということがチャレンジし続けるうえで大きな力になっています。


yamaha05渡米前から抱いていた夢、そして現在の目標を語る大森さん

yamaha07トーナメントを戦ううえで船外機に求められるのは速いことと壊れにくいこと

yamaha09ヤマハ発動機は「お客様にずっと満足してもらえる」信頼のものづくりで大森さんの期待に応えている

yamaha11日々の努力が実ったレイク・ウィーラー戦優勝の瞬間

今季、エリートシリーズのレギュラー戦は残すところあと2戦。さらにその後、年間ランキング上位50名のみが出場できるAOYチャンピオンシップ戦が控えています。
直近の試合は8月11~14日にかけて行なわれる第8戦(ポトマックリバー)。
日本からでもB.A.S.S.のウェブサイトを通じて試合の模様をチェックすることができます。
佳境を迎える大森さんの戦いからますます目が離せません!




yamahalogo 問い合わせ先:ヤマハ発動機

2016/7/8

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING