サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

Basser最新号はオールスタークラシック特集です!

Basser最新号はオールスタークラシック特集です!

Basser編集部=写真と文
001

Basser No.289
2016|1

contents

020 2015 Basser Allstar Classic
津留崎健・西義則・金澤一嘉・水藤友基・白龍幸三・プレスアングラー・編集部(月刊つり人・Basser)=写真

1

050 青木大介の洞察力。沖田護の経験値。
水藤友基=写真・文

2


056 キーワードは『適材適所!』
青木大介のタックルボックス
~霞ヶ浦&利根川水系編~
水藤友基=写真・文

3


059 青木大介バスプロ年表。
水藤友基=まとめ

060 4尾の1500g
プレスアングラー・編集部=写真、金澤一嘉=文

066 2nd Place 福島健
94.7%を1タックルで戦い抜いた
怪物、福島健の斬り捨て力
西義則=写真・文、石川正勝=写真

4

072 3rd Place 並木敏成
最初から最後までThis is T.NAMIKI!
本橋宏=写真・文

5

074 4th Place 小森ノート[Special Edition]
小森嗣彦=文

078 市村直之、伊豫部健、小林知寛&吉田幸二/初出場、初司会を終えて
金澤一嘉=写真・文

080 5th Place 大塚茂、チャター系ベイトという選択。
福井浩=写真

081 今月の読者プレゼント
石川正勝=写真

082  FOOTSTEPS of ALLSTARS

6

120 A HARD DAY’S NINJA
センドウタカシ=文
 
122 素人がトーナメントに出たらどうなる?

126  BASSMASTER ELITE SERIES
雨貝健太郎=写真・文 斎藤静吾、ギャリック・ディクソン=写真

146  Basser Best Buy

147  JB JAPAN SUPER BASS CLASSIC REPORT
ジャパンスーパーバスクラシックレポート
NBC NEWS=写真、三原直之=文


150  TBC TOURNAMENT REPORT

152 バサー放課後の部室

158  メガバス製品、2015年度グッドデザイン賞を受賞


160  THE JAPAN ORIGINAL 伊東由樹=文

162 日釣振ニュース

163 痴虫・松本のチム史 金澤一嘉=写真、松本光弘=文

163 釣りに行くヒマがあったら読む本 シルチョフ=文

164 山木食堂闇鍋定食 山木一人=文

166 升先生の釣り人環境学
升秀夫・吉田幸二=文

168 バサー新聞

173 B情報局

174 早いモノ勝ち! セール&入荷情報

176 旅するロッドプランナー 藤井伸二=文

177 今月のほたるの光 村川勇介=文

178 編集後記



ようやく今年のオールスタークラシックが終わりに近づいてきた気がします

あとはひとりでも多くの方にご購読いただいて
「おもしろかった」でも「ものたりなかった」でも
反響が聞こえてきて、さぁ来年も!! という感じです

最新号の『Basser』をよろしくお願いします

(ホリベ)

2015/11/24

<< 2015/11 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING