サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

2570gのバスよりも、それを釣った青木大介自身のほうがモンスターだ

2570gのバスよりも、それを釣った青木大介自身のほうがモンスターだ

Basser編集部=写真と文
今日は社内で青木大介さんと沖田護さんの対談取材がありました

沖田さんとの対談取材の模様は
自分のカメラで撮っていなかったので、すみません、写真ナシです

対談後は個別インタビュー

01
今年のオールスタークラシックで連覇を遂げた釣りの内容だけでなく
なぜ青木さんはこんなモンスターアングラーに成長できたのか
そのあたりも聞いています

02
以前『Basser』でフック特集号の巻頭記事に出てもらったこともあるように
青木さんのフックに対するこだわりは凄いものがあります

フックセッティングの例として10通りくらいのリグを撮影用に組んでもらったのですが
驚くのはリグを組むのに必要な物の一式が、小物を含めて
フックはモデルとサイズ別、シンカーも形状とウエイト別に、速やかにボックスから出てくること

さがす時間ほぼゼロです

こんなことを書いても凄さが伝わるかどうかですが……
システマチックに収納したうえで、常日頃の整理整頓が徹底されているということ
試合中の時間のロスを抑えることに繋がります

「まァ、1年、2年のスパンで見たら
釣る魚の数が3、4尾違ってくるんじゃないですかね」と青木さん

とにかく釣るために、小さなフックケースの隅々まで神経を行き渡らせているのだと感じました

ウイニングフックとなったDASオフセット(FINA)も
シンプルなカバーを撃つときと、枝ぶりの細かなブッシュなどを撃つときでは
セットの仕方を変えているそうです

そのあたりは次号の『Basser』で

2015/11/12

<< 2015/11 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING