サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

Basser最新号です。よろしくお願いします。

Basser最新号です。よろしくお願いします。

Basser編集部=写真と文

Basser No.269
2014|5
Cover photograph by Yusuke Miyazaki
Art direction by Haruhiko Takemoto

1

contents
020 史上初! 日本人選手3名が出場!!
2104 BASSMASTER CLASSIC 第44回バスマスタークラシック
雨貝健太郎=写真・文 斎藤静吾=写真

048 フカシンガッツ!
050 イヨケンの今日もアメリカを夢見て。 伊豫部健=写真・文
054 NEO田辺道場 Episode59:神奈川県/芦ノ湖 大森忠明=写真、西義則=文
062 オギタ式。1泊2釣ルアゲーの旅 凸凸旅その50 
静岡県・河津川のアマゴと一碧湖のバス

067 一昼夜漬け免許仮伝! 杉村和哉のワンテン道場

083 Stay Foolish,Stay FANTASTIC! #01 小森嗣彦×亀山湖
086 ファイト、ファイト、コジコジ! 小島宏=写真・文
088 A HARD DAY’S NINJA センドウタカシ=文
090 キニナルゲンバ 第16回 振り子リグがキニナル 松本賢治=写真・文
092 成田紀明のボートバカ一代 成田紀明=写真・文
093 B級ルアー列伝 Dab=文
093 釣り好き、モノ好き 西義則=写真・文
094 痴虫松本・ルアー白熱教室 東京芸大特別集中講義 金澤一嘉=写真・文
099 今月の読者プレゼント。石川正勝=写真
100 Fenwick 60th Year Anniversary ISSUE 水藤友基=文
104 モノの舞台裏 石川正勝=写真
106 Basser Best Buy 石川正勝=写真

109 特集_フラットサイドクランク
110 橋本卓哉の「絶対」 春のフラットサイドクランクベイト
116 開発クランクの開発学さんに訊くフラットサイドの出番と使い方
金澤一嘉=写真・文
120 KTW塚本謙太郎のフラットサイド考 金澤一嘉=写真・文
124 ルアービルダーという生き方 三浦修=文 福原毅=写真
126 オカッパリで行こう!
ひらひら系フラットサイド「コンバットクランクFSR」の誘引力
131 フラットサイドクランクの使い手10名に訊く3つの質問

138 編集部ガチンコバトルin利根川
144 [The GUIDE]
146 湖北の住人、長谷川耕司が北湖愛を語る 高崎冬樹=写真・文
152  バサー放課後の部室 金澤一嘉=構成
162 KOTA KIRIYAMAのIf they can do it,I can do it! 桐山孝太郎=文
163 痴虫・松本のチム史 金澤一嘉=写真、松本光弘=文
163 釣りに行くヒマがあったら読む本 シルチョフ=文
164 山木食堂闇鍋定食 山木一人=文
166 旅するロッドプランナー 藤井伸二=文
167 日釣振ニュース
168 升先生の釣り人環境学 升秀夫・吉田幸二=文
170 バサー新聞
174 早いモノ勝ち! セール&入荷情報
176 B情報局
178 編集後記

2

3

4

5

6

7

8

9

010

11

12

13

14

(ホリベ)

2014/3/28

<< 2014/3 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING