サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

オールスター会場イベント情報 2

オールスター会場イベント情報 2

Basser編集部=写真と文
「その2」です。
まだまだ続きます。

DSC_0024

































グレンフィールド
●ジールオプティクス、バニーウォーク偏光グラスの展示
 ニューモデルがめっちゃカッコいいです。ジールのフレームはほとんどのモデルに鼻パッドが付いていて、レンズがまぶたに当たらないように簡単に調整できるので好き。
●持ち込み偏光グラスの調整
 専門家によるフレームの掛け心地調整(フィッティング)は一度は体験してみるべき! と強くオススメします。あなたのフレームが「顔にスコッと収まって、締めつけ感がないのにズレない」フレームに変身します。

アウトレック
●ロッドの展示
●ステッカー、ロッドなどの販売

プロショップオオツカ
●販売
 9月の「つり具おおつか長野店」オープンに向けて死ぬほど忙しそうだった大塚茂さんのプロショップです。

リベルタ(ルミノックス)
●車輛の展示

ベイトブレス
●スピードくじ
●限定グッズ販売
●新製品(ロッド等)の展示

テーパーアンドシェイプ
●アウトレット・ルアー、ロッドの販売
●マキ・モノRSPの試投会
●クロッサーシリーズの試投会
 “テーパーの魔術師”島津靖雄さんが手がけるテーパー&シェイプブースの目玉はニューロッドの試投会。個人的に注目なのは、ピュアグラスブランクに最新スペックのガイドを搭載した「マキ・モノRSP/GMMRC-63MLB」。シングルハンドキャスト派のクランカーは、触ったらきっと欲しくなると思いますよ。

山本光学(スワンズ)
●クジ引き
 何年か前にコバケン先輩が500円で偏光グラスをゲットしてました。大会期間中、運営スタッフは基本的にはバタバタしてますが、「隙あらば引く」姿勢で臨みます。
●サンプルセール

ギークス
●販売
 「まっつん」の愛称でお馴染み、松下雅幸さんのメーカー。去年は購入者の希望でオリジナルカラーのマツラバをその場で巻いてくれました。

ジャッカル
●クジ引き
●新製品の展示
●記念ルアー、グッズの販売
 もう10年くらい「オールスター限定カラールアー」を販売しています。ジャッカルのオールスター・オリカラの特徴は「ガチで釣れる」こと。イベントの限定カラーというと、記念品的な色に塗るのが一般的だと思うんですけど……。釣れるうえに本当に「限定」なので、買い足しが利かないのが悩ましいくらいです。今年はどのルアーのオリカラなんでしょう?

ツネミ(エンジン)
●タングステンシンカー・割り箸つかみ取り(なくなり次第終了)
 釣りをしていれば絶対にシンカーは使いますよね? つまり「つかみ時」なんです、このときが。ちょっと器用なら、絶対に使うものを金額以上にゲットできるんですから。しかもけっこう燃えるので、友人と何gウエイインできるか勝負してみては?
●スペルバウンドシリーズの展示
 とくに村川勇介さんが手がけた撃ちモノ用の「68(6ft8in)」シリーズは、ぜひ手にとってください。ティップがフッと浮き上がる感覚は、縦さばきフェチ、ズル引きフェチの心にグサッと刺さるはずです。
●フォールクロー、ナックルウォーマー(オールスターオレンジカラー)
※TSUTTAサイトで販売中!

ここまで20社。まだ半分いってません(汗)。

(ホリベ)

2013/10/17

<< 2013/10 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING