サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

ハードで楽しかった日々……

ハードで楽しかった日々……

Basser編集部=写真と文
アマノです。

このところ

本誌、別冊、DVDなどのロケが立て込んで

かなりハードな日々を過ごしておりました。

おかげで足腰がボロボロ……。

寄る年波には勝てないと実感しております。

でも、日本各地の海や湖、素晴らしいロケーションに行くことができ

いい魚が出れば「うおっしゃ~!!」と雄叫び。

スタッフ全員で握手、抱擁。

こんな仕事ってあんまりないと思います。

ま、本当の仕事は編集するこれからなんですけど(笑)。

ロードの始まりは

ちょうど日本が世紀の金環日食に沸いたあの日から……。

01

ワタシは南房の堤防から金環日食を目撃。
雲がかかっていたおかげでフィルターなしで撮影できました。
日食が始まると、周辺の民家の犬たちが盛んに吠えていたのが印象的



02

南房ロケでは水中カメラマンの大家も登場。
足もとのケーソンに潜む根魚とそれを誘うルアーの動きをバッチリ撮影してもらいました!


人生初の北海道ロケも楽しかった!

晴れ間が少なく、とんでもない寒さと風に苦戦しましたが

最終的にはいい画がたくさん撮れて大成功。

03

北海道ロケのひとコマ。積丹半島の海の碧さに感激

04

豪快にアイナメをブチ抜き! 夜明けから磯に入り、
日没後も夜の漁港でライトゲーム。
おかげでコンビニ弁当しか食べていません……



ロケの合間にサオをださせてもらうのはお約束です。

それで釣れようものなら

ハードスケジュールの疲れを癒す清涼剤になりますから。

05

発売開始直後から店頭から消えるほど人気の某ルアーで
50cmアップのホウセキハタをキャッチ!


06

深夜に東京を発ち、伊豆半島の先端でロケをして
さらにその晩、東京湾でチャーターボートのロケ……。
アングラーさんと動画カメラマンさんはホントに大変だったと思います。


07

もちろんバス釣りもしています。
さて、ここはどこでしょう?
ティーカップ艇を見ればわかりますよね。
セミパターンがハマりました。



東日本大震災以来、

足が遠のいていた常磐以北の海にも久しぶりに行きました。

08

メバルやアジといったライトゲームも楽しめ
同時にブリやヒラマサといったビッグゲームの楽しめる常磐の海。
豊饒という言葉以外に見当たりません。


09

エリアフィッシングにも行きました。久々でしたが、
これもひとつの釣りの世界。奥が深いんですよね



さて、思い出に浸るのはこれまで。

本誌Basserの校正作業は今夜がヤマです。

隣の机でヤマガタとササキがパチパチとキーボードを叩いているのが

ちょっと気がかり……。

もしかして校正じゃなくて入稿まっただ中なの……?

(アマノ)

2012/6/19

<< 2012/6 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING