サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

雨とササキと亀山湖。そして猛者たち

雨とササキと亀山湖。そして猛者たち

Basser編集部=写真と文
金曜日にアップされたササキのブログを見て

ワタシも書かずにいられなくなりました。

クラシックで盛り上がっているときにこんなネタで申し訳ありませんが、

実はワタシもその日は亀山湖に浮いていたからです。

DSC_7624


正直、Basserのほうは入稿も終わっていましたが

3月発売の「アオリイカ地獄」が追い込みの真っ最中で

まあまあ忙しかったわけです。

で、水曜日の午後もシコシコと別冊の入稿を進めていると

「明日、●●●さんの取材で亀山に行ってきます」

とササキが報告に来たので「頑張って」と言いました。

すると、「それだけですか?」とササキ。

え、なにが?

「行かないんすか」とササキ。

え、どこに?

「亀山行かないんすか」とササキ。

え、だってキミの担当記事でしょ?

「プライベートで行かないんすか」とササキ。

え、だって平日だし忙しいし。

「それってバス釣り専門誌の編集者としてどうかと思いますよ」とササキ。

え、す、すいません……。

ササキ曰く、明日はXデーになる可能性が極めて高いという。

「2月末の暖かい雨。最高気温17℃。

今の亀山の水温は7℃くらいですけど、

いったい何℃まで上がることやら。

しかもまとまった雨量。各所に滝が生まれます。

その滝にアカガエルやサワガニが流され

その下には産卵を控えたワカサギが集まり

それらをねらったデカバスが虎視眈々。

水温8~10というマジックナンバーを記録したら

越冬バスが目覚めてコンタクトポイントに集まる。

どう考えてもXデーじゃないっすか!」

……。たしかになあ。でもなあ。

迷っているワタシにササキが追い打ちをかける。

「いいんすか。そうやって迷っている間にも

水産センターには次々に予約が入っているんすよ。

もしかしたら全艇予約で埋まったかもしれないっすよ」

そう。木曜日は水産センターさん以外のボート屋さんは定休日です。

しかし、いくら明日がいい条件だとして

仕事を休んで釣りに行ける人がそんなにいるものなの?

なんたって2月の土砂降りですぜ……。

焦ったワタシは午後5時過ぎに水産センターに電話しました。

「明日のボートってまだありますか」と問うと

「たくさんあるし、別に予約なしでも大丈夫」とのこと。

でも、この電話をかけた時点でワタシの負けです。

そそくさと上司に有給願いをしていました。

当日の桟橋は2月の平日にしては人が多いけれど

水産センターさんでしか借りられない木曜日ならこんなものでは

という微妙な数。まあ15艇くらいでしょうか。

でもメンツがすごかった!

亀山四天王のK島さん、O金さんをはじめ

T辺さん、O本さん、A生さん、T岡さんのノリーズ軍団。

さらには釣り編集関係でナンバーワンの腕前と評判のO森カメラマンまで。

そのほかにも、いかにもヤルなという雰囲気の方々が

レインウェアを着込んで闘志をみなぎらせています。

こうした方々と湖上ですれ違うわけですが

いわゆるライトリグを入れている人は皆無。

ディープでシコシコやっている人も皆無。

みんな憑りつかれたようにビッグベイトやフロッグやジャークベイトを

カバーや滝にぶち込んでいます。

アツい。アツすぎる!

でも寒い。寒すぎる……?

気温17℃になるってホントなの?

って思っていたら、朝の時点で予報が修正され

最高気温9℃に訂正されたとのこと……。

暖かい雨じゃないじゃん……。

ていうか、9℃もないでしょ。激寒です。

え、ワタシですか? 完デコに決まってるじゃないですか。

ていうか総玉砕? X(エックス)じゃなくて×(バッテン)デー?

とはいえ、ああ仕事してればよかったとはまったく思いませんけど。

(アマノ)

2012/2/27

<< 2012/2 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING