サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

次々号に掲載予定のないネタ

次々号に掲載予定のないネタ

Basser編集部=写真と文


昨日は「オカッパリで行こう!」の取材でした。

場所は霞ヶ浦。

どの釣り場にも当てはまることですが、

1、2月は最難関です。

関和学さん、釣りますな~。



3月号(1月5日取材)のときもそうですが、

「デコったらデコったまんま記事にする」

「基本1日取材」のこの連載で、

冬の霞ヶ浦オカッパリで2日続けて釣果を出すって

凄い&羨ましいw

1、2月に釣れりゃ~、1年中バスに触れるってことですもん。



で、次々号に掲載予定のないネタです。
x
前回のブログネタ、「トレブルフックの機能する1本」について、

この取材中はとんと忘れていたのですが……、

l
ねじれていますけど、どのハリに掛かっているかはわかると思います。

やっぱり「例の1本」に掛かっていました。

奥の1本は口の中に入っていただけで、ハリ掛かりはしていませんでした。



あのトレブルフックの話って、

ルアー&ハリメーカーやデザイナー(バスに限らない)にとっては

「常識レベル」の話らしいです。

理論的には、まぁ、納得できます。

が! 本音を言えば

「ほかの2本にもけっこうな確率で掛かってるんじゃないの?」、と。



そんなワケで、編集部員の言葉で記事にするには

サンプルというか、理論を裏付けるだけの数字が足りなかったんです。



でも……、ん?

関和さんが釣ったこのバスの写真を見ていて

「釣れたとき、口もとに寄った写真を撮るのはお約束」

だということを思い出しました。



で、バックナンバーや写真データを見てみましたところ、

かなり高い確率で「例の1本」に掛かっていることが判明。



過去記事やデータ(数百尾分の釣果)を見返せば、

「例のハリ:●%/その他のハリ●%(※●尾を確認)」

みたいな感じで記事にできたかもしれません。



というか、サンプル数がものを言う実証ネタだけに、

それってできる範囲ではかなりいい方法のような……、後悔……。



(ホリベ)

2012/2/23

<< 2012/2 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING