サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

オールスタークラシック2011

オールスタークラシック2011

Basser編集部=写真と文
オールスタークラシック2011、

閉幕しました!

12月26日発売号の校了5時間後には現地へ出発という強行スケジュールでしたが、

無事、というか超大盛況で、

会場の水の郷さわら、選手、スタッフ、

そして何より観客の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

大会のプチレポートはこちら↓をご覧ください。

DAY1 


DAY2

ツイッター(@Basser_editor)のハッシュタグは

♯BasserALLSTAR2011  

です

もちろん、12月26日のBasserでも、

全選手の行動記録や詳細なレポートを掲載します。


編集部員は昨晩ヘロヘロで帰宅し、

今は荷物の整理などを行なっているところです。

この下は、会場で撮った写真です。


no title

初日未明。アングラーもプレスも集合前でまだ静かです

1

「オールスターは雨が降らない」はずなのに、初日は朝から雨!
それなのに、多くの観客がまだ暗いうちから集まってくれて感激!


2

スタート前。結局、初日はほぼ1日雨でした。
とくにウエイインショー終盤から撤収の時間は
「嵐」のレベルでした


3

4

5

そしてDAY2。雨は上がっていました!
朝からかなりの観客が来てくれてまたまた感激!

暗いうちからランチング

7

8

そしてウエイインショーを前に、会場は人、人、人!

スタートからウエイインまで空いてるのは、
運営などでバタバタしてて写真を1枚も撮ってないからです(汗)。
もちろん、誌面には掲載しますよ!
メーカーブースやビンゴ、チャリティーオークションなど、
見どころもりもりでした。



9

5位の大塚茂選手
2日目は朝の15分で2尾をキャッチしたそうです


10

4位&ビッグフィッシュは初出場の山本寧選手
2010年のW.B.S.クラシックウイナーです
初日の1700gでビッグフィッシュ賞も獲得!


11

成田紀明選手が3位。
2日目、12名がノーフィッシュに沈むなか、
3尾で3200gをマーク!


12

最後の選手のウエイインまで暫定トップ席に座り続けていたのがこの人、
小森嗣彦選手。
今シーズン、TOP50では不調でしたが、シーズン最後に魅せてくれました。
トータル7430gで準優勝!


13

ウエイインショーの大トリは吉田秀雄選手!
初日を4690gと圧倒し、2日目は唯一のリミットメイク。
130g差で小森選手をかわして勝ちを決めました!


14

今年もありがとうございました!

2011/11/21

<< 2011/11 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING