サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

怪しいけれど・・・・

怪しいけれど・・・・

Basser編集部=写真と文

釣りーっす

土曜日なのに出社してます。・゚・(ノД`)

昼過ぎにまた東北で大きな余震がありましたね。。。

地震、もう勘弁してほしいです。

東京もグラリときました。

僕の職場は5Fなので実際の震度よりも少し大きく揺れます。

「来たな!」と思ったら、

作業中のPCをすぐに保存する癖がしっかりつきました。





さてさて、昨日、サトシンさんのお店に注文していたブツが届きました。



どどーーん!!
m



フェイスガード!


先日、サトシンさんの取材で大雨の中バスボートで疾走した際、

あまりにも顔が痛く、ヒドイ目に遭いました。

でも、サトシンさんはコレをつけていたので全然ヘーキ。

「雨の日はもちろんだけど、冬の寒い日にコレがなかったら最悪だよ」

とのこと。

そこで映像編集室のTと一緒に購入を決定。

ボクは顔が大きいのでちゃんと入るか心配でしたけど、

はめてみたら大丈夫でした(苦笑)。

メガネをかけたままでも被れるので超便利。

しかし、デザインがいかにも「悪」って感じですよねー。

これを被って街に出たら間違いなくタイーホですな(´・ω・`)

でもでも! はやくコレの威力を体感したい!

9.9馬力のレンタルボートでコレをしてもただのバカだし、

やっぱりカスミや琵琶湖などのビッグレイクで酷使したいです。



な~んて思いにふけながら、サトシンさんDVDの編集作業に戻りま~す。

それにしても、サトシンさん、釣りすぎですよ。。。

予定時間に収まらんゾ (/TДT)/


(コバヤシ)

2011/7/23

<< 2011/7 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2017年9月号

重りから解放されたフリースタイルリグ  ノーシンカーリグを大特集。ワームの動きを制限する重り(シンカー)から解放されたノーシンカーリグは、水面・フォール・ボトムとあらゆるステージで活躍してくれます。  山岡計文さんはノーシンカーの水面攻略法、大石智洋さんはヤマセンコーの使い方、青木大介さんはチョウチン釣りの基本など、さまざまなスタイルのノーシンカーリグを解説。ワーム、フック、ラインの微妙な組み合わせで大きく表情を変えるノーシンカーリグの奥深さを知ることができます。  奥村和正さんによる『the STRONG MIND Game』では、1日で2尾のロクマルをキャッチした驚愕のパターンを公開。心技体、そして道具に至るまでのすべてがストロングでなければ知りえないバスフィシングの一面を垣間見ることができます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING