サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

やがて世界が嫉妬する才能。

やがて世界が嫉妬する才能。

Basser編集部=写真と文


まだクラシックネタを引っ張ります。

KVDの4勝目で幕を閉じたクラシックでしたが、

現場の空気的に

次点の注目を集めたのが4位の選手。

BRANDON PALANIUK(ブランドン・パラニク? 読み方わからん)でした。

このブランドン選手、フェデレーションから初出場したクラシックで4位入賞と

これだけでも充分凄いのですが、

驚くべきはその年齢。

なんと1987年生まれの、若干23歳なんです。

00

今年からルーキーとしてエリートにも参戦するので要注目です。

やっぱりすぐには通用しないのか、それとも……。



バンダムやクラインもそうですが、

年齢を重ねる(経験を積む)ことがプラスになる釣りに関しては、

晩成型よりも、早熟型のほうが大器として成功する傾向にあります。

このへんはアメリカも日本もいっしょで、

今、強いベテラン選手は、20歳代から強かった人がほとんどですよね。



その原因は、才能なのかもしれませんし、

早く第一線に立つことで、吸収力があるうちに経験を積めるからかもしれませんし、

もっと単純に

若いころから活躍する・イコール・経験の蓄積期間が長い、からなのか……。



まぁ、とにかくブランドン選手、羨ましいほどのキラキラっぷりでしたよ。


(ホリベ)

2011/3/2

<< 2011/3 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING