サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

まったく眠くナシw

まったく眠くナシw

Basser編集部=写真と文
水曜日の夕方に帰ってきてまだ時差ボケてます。

なので、日中は撮影してきた写真の整理くらいしかできず、

日が暮れてから覚醒して原稿をパチパチ書いてます。



クラシックの取材中も16~19時に強烈な眠気に襲われ、

飲むと眠気が吹っ飛ぶフシギナオクスリ♪(カフェインの錠剤)に頼ってました。

んで、22~1時はが~っと寝れたのですが、その後、否応なく完全覚醒。

2時間ほどベッドの中で目をランランとさせたあと

準備して4時に取材へGO!という生活でした。

なので、かれこれ1週間ほど睡眠時間3時間で生活してます。

もともとあまり長時間寝る必要がない体質なのですが、

さすがにキツいッス。

ま、日曜日に53Pick Up!と実釣取材があるので、

そのとき1日中お日様に当たっていれば体内時計がリセットされるでしょう。



そんなことはさて置き!!

あと数時間で

B.A.S.S.セントラルオープン第1戦の2日目(/3日間)の競技が終わります!!!!

イヨケンさんが1日目を5位通過してます!!!!!

上のカテゴリー、つまりエリートに上がるために絶好のスタートを切りましたが、

それはまぁ、全3戦、計9日間分の1日のこと(それももちろん超!大切なことですが)なので、年間上位5名に入るための戦いは続きます。



が!! それとは別に

ここで優勝してしまえば来年のバスマスタークラシックの出場権が獲れる!!!

今年はそういうフォーマットなんです!!!

獲ってほしい。獲れそうなときに獲っちゃってほしいです。

イヨケンさん本人も、渡米前に

「年間ランキングはもちろんだけど、(優勝を)ねらえるときは当然ねらうよ!」

と言ってました。



イヨケンさんは今年でオープン参戦3年目。

ですが、出場枠の関係で、全3戦をフルに戦えるのは今年が初めて。

そんな年に、エリートへの昇格権とクラシックへの参戦権を同時に獲得しよう

なんて、ムシのいい話と言えばそうなのかもしれません。

けど、本人がそれらを掴み取る気概で試合に臨んでいるんだから

現実になったって何もおかしくはありません。



タメ年の尊敬するアングラーとして、

いきなりかましてほしいです。

イヨケン、ガンバレ。マジ、ガンバレ。

釣って来れるかどうかはイヨケン次第だから

僕はボートトラブルとかそういういらん出来事がないようにだけ祈ってるよ。



(ホリベ)

今夜は余計に目が冴えるな~。

今、こんな時間―――――――――――――――↓

2011/2/26

<< 2011/2 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING