サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

ちょっとB.A.S.S.バスマスタークラシックへ

ちょっとB.A.S.S.バスマスタークラシックへ

Basser編集部=写真と文

行ってきます。

仕事です。が、英語、できません。

なのに、同船取材です。でも、楽しみ。



健太郎さんが、プラで●●●●、本戦1日目に●●●ーさん、

本戦2日目に●●●●ーに乗ります。

バンダム、リース、アイコネリは向こうのメディアが押さえました。



けれど、クラシックに余りもの的な選手なんていません。

「クライン(1日目)とスクロギンス(2日目)に乗りたい」

という僕の要望がスルリと通りました(なぜだ?)

ふたりとも、シャローマンで超一流のフリッパーです。

今大会が開催されるルイジアナデルタは広大なシャローウォーターですから

ここでの力関係はバンダムやリースより上(アイコネリは前回、2003年のルイジアナデルタ・クラシックで勝ってます)。

優勝候補の一角です。間違いなく。

なのに、なぜ日本からの一見さんがそんな超有望どころに同船できる?

答えは

「あ~、冬のデルタ戦は過酷すぎて

アメリカのメディアが同船したがらないからだよ」

と、健太郎さん。空席だらけなんですね。

クラインもスクロギンスも、

最低気温0℃のなかを、時速100kmで片道2時間半の彼方へぶっ飛ぶ!

可能性があるらしいです、メキシコ湾をショートカットして。狂ってる……



ちなみに、僕の取材経験のなかでもっともロングランをかましたのは

赤羽修弥さんです。2003年オールスターでのことでした。

当時の僕は、まだ編集部員ではなく、一般公募のプレスでした。

で、バスボート初体験だったその試合で、

いきなり霞ヶ浦の土浦から、利根川の取手まで連れていかれました。

片道1時間半くらい掛かりました。

しかも試合モードの本気走りです。

編集部に入って8年……、あのときより痛い経験はまだしていません。

あのときと同じくらい恐い思いは、ハシタクさんにさせられましたが。


尾てい骨から背骨を伝って頭のてっぺんに突き抜ける激痛も、

「あ、オワタ……」といろいろ諦めてしまう光景を見るのも

ヤ!

です。



(ホリベ)

うわ~……、楽しみだったはずなのに、書いててテンション下がってきた……

2011/2/15

<< 2011/2 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING