サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

ワンエイテイーマッハ

ワンエイテイーマッハ

Basser編集部=写真と文
サイトマスターシリーズの「顔」的偏光グラス「ワンエイテイー」のリニューアルモデル、

「ワンエイティーマッハ」
01

フレームデザインも機能的で好きですが、

サイトマスターはなんといっても


TALEXの「ガラスレンズ」


を採用してるところが素敵です。



「視界がクリアで釣れる!」という機能はもちろんあるのでしょう。

まぁ、僕の腕とお魚発見眼ではその機能を上手く引き出してあげられませんけど。

でも!

「ガラスレンズはキズがつきにくい!」

この特性だけでも充分です。



細かい拭きキズ(積もり積もって視界の曇りに繋がる)はまずつきませんし、

カメラのファインダーを覗くときも安心!(僕にはこっちのほうが重要)



取材中、目を紫外線にヤラれないように偏光グラスを掛けているのですが、

そのままファインダーを覗いて、レンズにカキッ! とけっこう当たります。

樹脂レンズはこんなことしてたらすぐキズだらけです(2年で1本ダメにした)。



けど

TALEXの「ガラスレンズ」は、ホントにキズがつきにくい!

今、4年弱使っている私物のサイトマスターに曇止めをかけて拭いたのですが

ついているキズは地面に落としたときの1ヵ所(涙)のみで曇りもナシ。



樹脂レンズには樹脂レンズのよさがありますが

個人的にはガラスレンズ派です。

(ホリベ)

2010/5/21

<< 2010/5 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING