サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

2008年の10大ニュース。

2008年の10大ニュース。

Basser編集部=写真と文
やっぱりオールスターで、これが2位。

毎年、見どころが多い試合で、今年は赤羽修弥さんが勝ちました。

例の熱収縮チューブですが、内側に接着剤が付いてないものならわりと簡単に見つかります。

熱収縮して形を整えたあと、アロンαを「半滴つける」(「1滴たらす」ではない)と

あの記事と同じようにできます。

ところで、修弥さん後日曰く、「スティーズ・ハスラーでアワせるのはめちゃくちゃ気持ちいい」のだそうです。

惚れ込んだタックルをとことん使う人だと知っているので、とってもそのロッドが気になるのです。

気になると言えば、オールスター号の表紙で修弥さんが振っているロッドは

TD-Sのクランキングモデル(TD-S661MRB-S)だそうです。

表紙の写真は色をいじってあるのでわかりにくいですが、

10年くらい前に売られていた、あの緑というか灰色というか青というか……

強いて言えば「ザク」のような色したシリーズのグラスモデルです。





3位と4位の順番が迷うところです。

決められないのでどっちも3位!





まず、アレです。

「1日取材で60cmオーバーゲットだぜ! トゥルーストーリー」を完遂した奥村和正さん。

シビレました。もんのすんごかったです。ホントに釣っちゃう。ビックリだ。

精神力も技術も体力も強い人ですが、何が1番強いって、そりゃ

「引きの強さ」ですよ。もうハンパない。1日ロケでねらって62cm、4200gですもの。

生まれる前からデカバスとぶっとくて赤い綱で結ばれてて、それをグイグイ引っ張ってる感じ。

そういう星の下に生まれたんです。ズルい。反則。デカバスと出会う運命が人の100倍ありそうだ。

ちなみにあの取材時の奥村さん、靱帯伸ばしてギプスしてました。

安い「お涙ちょうだい」不要の展開でしたので、記事にはしませんでした。





続きましても3位タイ。青木大介さん。

JB TOP50・野尻湖戦優勝

オカッパリオールスター・北浦大会優勝

JB TOP50・年間総合タイトル獲得

本誌で3号続けて、勝った、獲ったの記事を書きました。

精神力も技術も体力も強い人ですが、

ノってくると止まらない。手がつけられない。

「青木さんって、河辺裕和さんと川口直人さんのキャラが混ざってませんか?」と訊ねたら

「あ、そうかも(笑)」とのこと。

だからなんだという話ではありませんけど、いや、ゲーリーファミリー強し。





5位「桧原湖でササキに負けた」。ただ屈辱。





では、ヤマガタ的2008年10大ニュース(めんどくさいので発表は5位以上)

第1位は…………

ダラララララララララララララララララララララッララアラララララ

ジャンッ!
1i
風呂に入る前に外そうとしたら、1年くらい毎日つけてたアングラーズバンドがブチィッと切れた!



なんだそりゃ? という人が10割でしょう。

けど、ワタクシ、「ジンクス」とか「験担ぎ」とか、わりと気になるほうなので、

切れた当初は

「下駄の鼻緒」と「ミサンガ」の狭間で揺れ動いておりました(つづく)。

2008/12/24

<< 2008/12 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING