サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

イヨケンさんとエシャレット。

イヨケンさんとエシャレット。

Basser編集部=写真と文
会社の裏にレバ刺と焼き鳥が美味しい飲み屋がありまして、

先月号掲載のジャッカル対決取材が終わった日の夜に

そこで伊豫部健さんと飲みました。

で、僕もこっちに出てきて初めて食べたエシャレット(生食用ラッキョウ。エシャロットとは別もの)を注文したところ、イヨケンさんコレにハマりまして、ボリボリ、ガリガリ、凄い勢いでひと皿(5、6個)完食。

さらに追加でもうひと皿をボリボリ、ガリガリとこれまた完食。

ええ、途中で止めましたとも

「生のラッキョウをそんなに食べたらお腹壊しますよ」と。

i1
イヨケンさん、いー感じで真っ赤です。ちなみに僕と同い年で、今年、三十路を歩きだしました。
i2
問題のエシャレット。香味と刺激が強い野菜です。まぁ、生のラッキョウに味噌付けて食うわけですから当然です。



そんな僕の忠告を聞かず、エシャレットを食い続けたイヨケンさんは

「う~、なんか涙と鼻水が止まらんようになりましたワ~」

涙が溢れる目をゴシゴシこすり、たれる鼻水をズビビとすすり、

やがてトイレの住人になりました。

店員さんもあきれて笑ってましたよ?



イヨケンさんの「好きなことはとことん」という姿勢は尊敬してますけど

いくら好きになったからって

エシャレットはご飯のようにもりもり食べるものではありません。(ヤマガタ)

2008/10/11

<< 2008/10 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

おすすめ記事

最新号 2018年3月号

[特集]トレーラーベイツ

わき役が輝くすてきなドラマ

 ときにメインとなるルアーよりも選択が重要となるわき役「トレーラー」が今号の主役です。たとえばジグの場合、トレーラー次第でルアー全体のサイズ感やアクション、フォールスピード、イミテートするベイトフィッシュまですべてが変わってくるからです。  巻頭の「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが真冬の菅野湖をバルキートレーラー+フットボールジグの組み合わせで攻略し2尾の50cmアップをキャッチ。  並木敏成さんはカバージグの黄金コンビネーションを紹介。そのほかスイムジグやフットボールジグ、ワイヤーベイトのトレーラーも細かく紹介。アメリカのツアープロが本気の勝負で投入するトレーラーのトレンドについてもまとめています。  また、2018年に創立30周年を迎えたエバーグリーンの歩みを特集。日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたタックルとプロスタッフ陣の輝かしい戦歴はどのようにして紡がれてきたのか。菊元俊文さん、今江克隆さん、清水盛三さん、福島健さんらへのインタビューを交え、その歴史を紐解きます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING