サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

霞ヶ浦、沖の単杭。

霞ヶ浦、沖の単杭。

Basser編集部=写真と文
霞ヶ浦で「沖の単杭は、釣れるとデカい」という話は耳にしていました。

けど、実際にそういうスポットから釣るシーンを目の当たりにしたのは

今月号で大藪厳太郎さんを取材したときが初めて。


今まで見てきた霞ヶ浦のバスのなかで、1番きれいな魚でした。
g2
ベイトフィッシュに着目してきちんとパターンを組むとこんな出会いができるんですね。

いくらマッディーシャローの霞ヶ浦といっても

ひとつ覚えにカバーを撃つだけでは、こうはいきません。

g3
ヒットルアーはジャバロン90のヘビダンです。

詳細は販売中の今月号をご覧ください。



ちなみにストマックチェックでザリガニを検出したカナザワさんとササキは

「「消化中のザリガニは臭い」」と声を揃えておりました。

そんな「秋ザリパターン」のヒントも大藪さんの記事に掲載されております。(ヤマガタ)



おまけ
g4
昨冬(霞ヶ浦が1年でもっともタフな2月初旬)の取材で釣ってくれた1尾。

ハリで突いたら破裂しそうなくらいパンパンでした。

たしか45cmアップの1700gで、昨年の大藪さんの初バスだったはず。

大藪さんは「霞ヶ浦らしからぬバス」が釣れるアングラーだと思います。

観点が独特というか

霞ヶ浦の常識に縛られずパターンフィッシングの王道をいってるというか。

だから取材でこんな凄いバスが釣れるんですね~。

2008/10/10

<< 2008/10 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING