サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

禁煙釣行(北浦篇)。※一部修正済み

禁煙釣行(北浦篇)。※一部修正済み

Basser編集部=写真と文
禁煙再チャレンジ3日目の昨日、北浦へ釣行(オカッパリ)してきました。
禁煙してから初めての釣りです。



これまでは

釣れないときは一服して気分転換。
釣ったあとの一服は格別。

という具合に、釣りとタバコは切っても切れなかったのですが、
禁煙したことでこの関係も断ち切らねばなりません。



いっしょに禁煙チャレンジ中のハシタクさんを含む3名もなかなかしぶと……
いや頑張ってるようなので、ここは乗り切らねば。



しかし、同行した2名(喫煙者)に先に釣られてイラっとアセっと。

そこを禁煙甘やかしグッズの「ニコレット」で耐えてなんとか35cm、500gちょいの北浦アベレージです。

kita01
釣れてホッとひと息。で、ニコレットをもう1粒。

kita02
フリックシェイク4.8in(ポパイSPシナモンブルーシャッド)のネコリグ(ミサイルシンカー1/64oz/モスキート♯1)で釣りました。※写真はイメージです。

最新号で取材した小野俊郎さんの釣りを参考にさせてもらいました。
フリックシェイクは、今どきのワームとしては素材比重が低いので、ネコリグでステイを交えてスローに誘うときにいい感じです。小野さんの受け売りですけど。

●ロッドは6ft6inのライト表記(アメ物。日本の基準ではミディアムライトクラス?)
●リールはダイワのレブロス2506(店頭価格8000円前後。安い!)
●メインラインはポパイPbゲームフィッシュPE14Lb(1.2号)
 リーダーはポパイPbフロロ12Lbをひとヒロ

ちなみにこのまんまのセッティングでシーバスもイカも釣ってますが、
ラインを巻き替えるのが面倒(1年以上巻きっぱなしですけど)とか
パワーフィネスとかいうわけではなく、
感度と根掛かり回収率が高そうなのでバス釣りにも試してみました。

すると

ラインに伸びがないので、根掛かり回収器が届かない沖で引っ掛かっても
ラインをバシッと弾けば高確率(昨日は100%)で外せました。
軽いネコリグでもボトムの質や起伏がビンビンに伝わってきますし、なかなかイイ感じです。

いつの間にかオープンウォーターとライトリグが苦手になってたのですが
ひさしぶりに霞ヶ浦水系でスピニングタックルで釣れて満足です。



kita03
ドライブクロー14gテキサスリグのウエッピングで5尾。ウシガエル1匹。

kita04
メタボックのノーシンカーリグで2尾。計8尾、全部30~35cmの北浦アベレージでした。

buz2
それからバズジェットにも20バイトくらいあったのですが、残念ながらフッキングせず。日没間際に同行者がその理由を教えてくれました。その正体(?)はヒミツです。(ヤマガタ)

※釣果に一部記載もれがあったので修正しました。

2008/8/28

<< 2008/8 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING