サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

あなたの「ウシガエラー度」をチェック!

あなたの「ウシガエラー度」をチェック!

Basser編集部=写真と文
最近になってウシガエルを釣りまくっている川村光大郎さん(笑)。
1

かつてウシガエルを釣りまくる僕(ヤマガタ)に、川村さんは

「撃つ場所が微妙に違ってるんじゃありませんか?」

と言った(鼻で笑う感じで)。く、屈辱……。





その川村さんがウシガエルと仲よしになったというので、

嘲笑するのをグッと堪えて話を聞いてみました。

2
ルアーを襲われたら最後、イヤでも高確率でフックアップするウシガエル。そのバイトはガード不可。ジグのガードごときじゃ防げません。前脚で押さえつけてガブリ。そしてグサリ(涙)。

川村さん:「いや、あのときはスンマセンでした。ガサっとアシが揺れると、『カエルかな?』と思ってもフッキングしちゃうんですよ。それにヌヌっと重くなるあの感じって、いいバスのバイトと似てるから、もう渾身でアワせちゃいますね。この前、1日で3匹も釣りましたよ」

ヤマガタ:「前に僕はその件で川村さんに笑われたんですけど?」

川村さん:「いや、失礼しました。バスとカエルが釣れる場所っていっしょですね。そりゃ、ボチャンって水に飛び込む音が聞こえたらカエルだってわかりますけど、ヤツら水中で静かに喰ってくることもあるじゃないですか。そしたらもうアワせるしかありませんよね」

ヤマガタ:「だから前にそう言ったじゃありませんか。なのに……」

川村さん:「今はもう『カエルが釣れないようじゃ、いいバスは釣れない』って思ってますよ。考えを改めたってことで」

……と、あの川村さんも言ってますので、皆さんも自信をもってカエルを釣りましょう。




けれど、苦手な人にとっては、できれば釣りたくないのがカエル。とくに触れない人は、フックを外すのに難儀することでしょう。

そこで、「バスは釣れないのにカエルは釣れてしまう」という人に、草深幸範さんからアドバイスです。

3
W.B.S.第4戦3位! 最終戦を前に復調してひと安心の草深さん。この春に一大ブームとなった「HPFクランク・スペック2(O.S.P)」の「ブラッディーシャッドカラー」を仕掛けたのが草深さんです。あのときはショップを巡っても品薄で、通販でなんとか買いました。

ヤマガタ:「『ウシガエルしか釣れない人には共通性がある』とおっしゃってましたよね」

草深さん:「前に(赤羽)修弥さんと梶無川(霞ヶ浦の流入河川)を釣ってたとき、岸にいたオカッパリアングラーを見て、『ああ、こういうことなのかな』って思ったんですよ」

ヤマガタ:「梶無川は両岸が高いアシに覆われてて、岸から釣るにはウエッピングするしかありませんよね」

草深さん:「そうなんですよ。そのアングラーもウエッピングしてました。けど、ボートで沖から見てると、テキサスリグが微妙に水面に届いてないんですよ。その状態でアクションをつけてるから、リグが空中で上下してたんです」

ヤマガタ:「そんな状態でもカエルならいっちゃうでしょうけれど、バスが飛びつくことは稀ですよね」

草深さん:「やっぱりその人はカエルを釣ってました。なので、もちろん全員に当てはまるワケじゃありませんけれど、カエルをよく釣る人には共通性があるのかな、と」





草深さんと川村さんの話を参考に作ってみました。

「ウシガエラー度チェック」

□ オカッパリでの釣行が多い。
□ ヘビータックルの使用頻度が高い。
□ ジグ&テキサスが好きだ。
□ 水面が見えないくらいゴチャゴチャしたカバーに胸がトキメク。
□ ウエッピング萌え。
□ 辺りのアシがガサリと揺れたらフッキング体勢に入る。
□ 疑わしきはアワせる。

5つ以上のチェックボックスに「レ」が入ったら、立派なウシガエラーと言えそうです。

ちなみに僕は、見えないウシガエルのバイトとバスのバイトを感じ分けます。

カエルバイトはガード不可なので、結果はいっしょですけど。(ヤマガタ)

2008/7/29

<< 2008/7 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2017年10月号

夏から秋へ。難しい季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。  巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。  伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。  田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。  また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。  Basser ALLSTAR CLASSICの最後の出場枠をかけた「THE WILD CARD」なども見逃せません。本戦への切符を勝ち取ったのはいったい誰なのかに注目です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING