サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

Strictly confidential of MUSHI pattern.

Strictly confidential of MUSHI pattern.

Basser編集部=写真と文
 Y「相羽さんも試したことがないアイバムシのチューンだと思いますよ?(ニヤリ)」

 電話口で僕が切りだすと、相羽さんは答えた。

 A「なんだかわかりませんけど、ムシパターンで、おまけに自分の名前がついたルアーのチューンで、僕が試してないことなんてありませんって。絶対にやったことあるはずですよ」

 と。さすが野尻湖戦6連勝を目指すムシキング。すごい自信である。けれど、

 Y「いや、これはやってないはずです。ちょっとしたことなんですけどね、『これだけでこんなに変わるのか!』って思うはずですよ。今夜中にブログにアップしますから見てくださいね」

 A「『輪ゴムを刺してみました』とかいうオチっぽいなぁ(笑)。輪ゴムはダメですよ? シリコンラバーのなかでも平ベったくて適度に幅があるのじゃないと水面に乗りにくいんだから」

 Y「『アイバムシの一生』の担当だったんですから、そういう基本は外してませんよ。ていうか輪ゴムって、そんな節約術じゃないんだから。もっとこう、ぐっとくるチューンです。『ムシパターンの極秘』……、は言いすぎか」

 A「なんかあんまり期待できそうにないけど、今夜ですよね? 覚えてたらブログ見ますよ。じゃ、次のエリアに走りま~す」

 という感じで、電話の向こうからは「やれやれ」という雰囲気がビンビン伝わってきたのでした。いや、プラのお邪魔してすみませんでした。相羽さんは今、野尻湖合宿中で、連日のようにガイドとプラをしています。8月末のTOP50野尻湖戦が楽しみ。6連覇は成るのでしょうか?
 
 さて、「Strictly confidential of MUSHI pattern(ムシパターンの極秘)」という英文タイトルといい、長い前フリといい、これで「では、そろそろネタに……」なんて書いたら、W.B.S.の某coolな方のような流れじゃありませんか。

 では、そろそろ相羽さんに「これだけでこんなに変わるのか!」と思っていただくことにしましょうか。そのチューンを施した「アイバムシ」はこれです↓
















































引っ張りすぎでしょうか……。






































つぶらな黒目が可愛い!
001
今朝のブログでも登場した「タブンアメシロ」が、こんなに活き活きとした表情に! コレに比べたらチューン前のコイツは死んでました。

002
アップにも、まぁ、耐えます。

そして「イシトビペンギン」。白目を剥いてるのがコワい!
003
イワトビペンギンの顔ってこんなカラーリングじゃありませんでしたっけ? というくらいですから似てないのは重々承知。

004
そうです。白アイバムシと黒アイバムシの目玉を交換しただけです。

交換しただけですが、だからこそ「これだけでこんなに変わるのか!」って思いませんか?

●用意するもの:アイバムシ×2個、ハサミ、アロンアルファ。

1 目玉をハサミで切り取る(×2匹)。
2 アロンアルファでくっ付ける(×2匹)。

○切り取るときは大胆に、目玉の外側を切るつもりでやるのがコツです。
○くっ付けるときはアロンを垂らしすぎないように注意。やや難易度高し。

触った感じでは接着強度は充分のようです。バスを釣っても取れたりはしなさそう。今度、野尻湖で試してきます。では、最後にこのチューン最大のキモを。それは「用意するもの」にあるのですが……↓

































同じカラーじゃ意味がない、ということです。んズガーン! (coolな大和さん、こういう感じでいいのでしょうか?)。

※相羽さん、コメントお待ちしてます。(ヤマガタ)

2008/7/18

<< 2008/7 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING