サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

バファリン。

バファリン。

Basser編集部=写真と文
昨日から河口湖で開催されているジャパンスーパーバスクラシック。

最終日の模様を取材しに、これから会社を出発します。

なぜ、家からではなく、会社からなのか。

それは原稿が終わらないから帰れないだけのこと。

ちなみに弊社、シャワールームもあれば、畳敷きの仮眠室もある、

お泊まり前提仕様となっております。

これで洗濯機があれば……。

なんて考えてしまう我が身の哀れを嘆く、

なんてこともなく仕事ができてしまうのは、

周りにもっと悲惨な人たちがいるから。



たとえばさっき、22時ころに相羽純一さんから電話がありました。

相羽さんといえばクラシックの初日を終えて暫定2位です。



相羽さん(以下、A):もしも~し、相羽で~す。

僕(ヤマガタ。以下、Y):ども、お疲れさまです。
             クラシック3勝目に手が届きそうじゃないですか。

A:そうなんだよね~、かなりヤバいよ。

Y:ヤバいって、ハマってるパターンがある、ってことですか?

A:あ~、●●●●●を使い始めたらすぐに●●●●●でね、いやもうラッキーで
  ビックリ。で、▲▲▲▲▲(中略)なのよ。

Y:ヤバいくらいツいてた、ってことですか?

A:いや、違うくて、ヤバいのは僕の体調。
  明日会場に来るとき、バファリン買ってきてくれません? 頭、超痛いの。
  昨日からキてたんだけど、今朝起きたら最悪。
  ホテルで■■して船の上でも■■しそうになったくらい。

Y:えっ!? もう会社の近くの薬局も閉ってますよ。

A:そ~だよね~。どうしよ。試合中にこんなことになったのひさしぶり。限界っぽい。

Y:けど暫定2位ですよ? 明日はどうにか踏ん張んないと。

A:鬼。

Y:はいはい。せっかくツいてるんですから。

A:ツいてませんよ。
  けど実はね、今回は●●●●●で釣ってるの。
  ラッキーだったんだけど●●●●●を使い始めたらすぐに●●●●●でね、もうビックリ。

Y:それ、さっき聞きましたよ?

A:え~? 言ってないよ。

Y:▲▲▲▲▲(中略)なんでしょ?

A:え!? な、なんで知ってんの!?

Y:だ~か~ら~、さっき聞いたんですってば。

A:誰から?

Y:相羽さんから。

A:言ったっけ~?

Y:言いました。……ホントにヤバいみたいですね。
  熱でボ~っとしてるんじゃありませんか?

A:言ったっけ……(ぶつぶつ)。

Y:もう寝てください。

A:はい。

Y:じゃあ、おやすみなさい。寝ることしかできないでしょうけど、とにかくお大事に。
  あと、試合が終わったらすぐに「アイバムシ♂といっしょ」の原稿送ってくださいね。

A:鬼~。



以上、ノンフィクション。

表彰式で相羽さんが同じことを2回言ったら、こういうことなんです。



取材する僕らは選手全員に公平に接さないといけないわけですが、

バファリンは、どうにかなれば、してあげたいと思います(有料で)。

もし、これを読んでるほかの選手がいましたら、どうぞお手柔らかに。

どうにもなりそうにないことや

「ポカリ買ってこい!」といったパシリ的注文は受けませんので。

(ヤマガタ)

2008/4/13

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING