サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

アングラーズリパブリックのNew EDGEを試しに行ってきます。

アングラーズリパブリックのNew EDGEを試しに行ってきます。

Basser編集部=写真と文

数日前、編集部にとても気になる新製品が届きました。

e_002
アングラーズリパブリックの新しいEDGE(エッジ)シリーズ、フルラインナップです。

撮影用としてお借りしたのですが、

「使ってみてもらってもいいですよ」とのこと。



空き地や河原の土手でキャストしただけで

釣具の性能がわかるはずもありません。

やっぱり実際にバスを釣ってみないと。



ということで、明日、釣りに行ってきます。

もちろん仕事として。

どこに行くかは秘密。

ボコボコでウハウハの(はずの)関東の某メジャーフィールドです。



ただ釣りをするだけじゃツマらんので、

ササキとクッチー(新人)にオカッパリ・オールスターふうに戦わせます。

まずはロッドセレクト。

使えるのはひとり2本まで。

ジャンケンにより、ササキ、クッチー、ササキ、クッチーの順に1本ずつ選択。



ササキはベイトの「664」とスピニングの「631」をチョイス。

「撃てて巻ける万能ベイトと、ジグヘッドワッキー用のスピニング」だそうです。



一方のクッチーは2本ともベイトで「665」と「604」をチョイス。

「665」はスピナーベイト用で、「604」はシャロークランク用に、とのこと。

ちょい硬めが好みなのか? これならジグやテキサスも十二分に扱えます。



残り物には福がある、ということで僕(ヤマガタ)も2本をチョイス。

ベイトの「666」とスピニングの「662」です。

「666」はジグ用、「662」はライトリグ用と割り切ることにしました。



ロッドを2本に絞るのはけっこう迷うのですが、EDGEはテーパーが素直なので

汎用性はかなり高いです。

また、重心位置がフロントグリップの先端付近にあるので

リールをセットした状態での持ち重り感はほとんどナシ。



まだ釣っても投げてもいませんが、さすがEDGEブランド。

いいロッドだと思います。(ヤマガタ)

e_001
昼飯ついでに近所のショップでルアーを買い込んできたササキ(右)とクッチー(左)は、ともに23歳。若者同士、明日は白黒つけてもらいましょう。自称、沢村幸弘さんの弟子・ササキ(沢村さんは不本意でしょうけど)は、先輩としての面子を保つためにも初対決でガツンとかましておきたいところ。一方、クッチーが尊敬するのは小野俊郎さん。けど、クッチー、まだ「初バス」を釣ってないときた。師事されても、尊敬されても迷惑そうなふたりの対決の行方やいかに!?

2008/4/2

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING