サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

青木大介 オールスタークラシック2連覇の背景:第2回(全4回)

最強の男が語る、「あの決断」について。

Basser編集部=インタビュー
この記事は2016年1月30日、フィッシングショー2016横浜つり人社ブースにて行なわれた、青木大介さんによるトークショーを再構成したものです。聞き手、堀部政男Basser編集長
 
 

勝てる可能性を計算する

 
青木 オールスターはエリアがすごい広いんで、まず、自分がプラクティスできる日数と、自分が手を出せるエリアというのをだいたい計算するんです。去年は7日間かな、確か。ちょうど1週間くらいプラしたんですね。会場が利根川なんで、まあ利根川からの展開のほうが楽なんですよ。気持ち的に。
 で、利根川からプラを始めたら、あれ、なんか釣れるな、みたいな(笑)。JBで利根川はやらないので、あんまり自分も詳しくないんですけど、ちょっと場所を見ながら釣っていっても、まあ、1日5、6尾は普通に釣れるな、みたいな状況でした。
 
堀部 5、6尾で重さどれくらいになるんですか?
 
青木 重いほうから5尾で4〜5kgですね。
 その時期って試合が多いので、最初に2日間やって、別の場所に試合に行って、またその後戻ってきて5日間プラしました。2日と5日って感じで計7日やったんです。
 でも最初のプラ2日間の後に結構すごい台風が1個あったんで、あれで地形が変わっていたんですね。実際やっていたところでも、もう1回見ないと、というのがあって、当初の予定より2日間多く利根川に費やしたんですよ。
 その後ちょっとほかも見ておきたい、ということで北浦も行ったし、霞本湖も行ったし、それにつながる支流みたいなところも行ったし。で、まあ一応釣れました、ポロポロは。
 でも再現性を考えると霞ヶ浦本湖や北浦は遠い。戦略を立てるのが難しいっていう感触だったんですね。
 ただ、最初の2日間のうちの1日かな? プラ中に例の堀割川でバサーさんの取材をしたんですよ。
 
堀部 そうでした。
 
青木 巻き物の取材でした。その時に堀割川でポコポコ釣れたんですよ。ここ魚多いなと。
 でもまあ、最終的にそのプラクティスの日程をどんどん終えていって、やっぱり利根川がいいっていう感触でした。
 で、プラクティスのラスト1日、試合の前の日に、利根川をなるべくプラして、どこになにがあるか捜しておく時間にあてたいと思っていたんですけど、その堀割川がとにかく頭に残ってたんですよね。
 もう1回行っておかないと、試合でちょっとリズムが崩れた時にそこまで行きかねないなと。
 
堀部 基本的には、堀割川には行きたくない、という頭でいたんですね。
 
青木 そうですね。まあ釣れたけど、勝てるかっていわれたら、う〜ん……、っていう感じだったんですね。で、じゃあもう1回行っておこうと。で、実際行ったらめっちゃ釣れるんですよ(笑)。
 
堀部 めっちゃ!?
 
青木 めっちゃ釣れました(笑)。まあ、ちょちょっとやったら1㎏くらいのが2尾ポンポンって釣れたんですね。あれ、釣れるなあと。で、う〜ん、まだこれ結構いるっぽいなと。
 

自分でもう来れないようにしちゃおうと

 
堀部 そこまで釣れて、試合で入ろうという頭にならないんですか。
 
青木 いや、そこでちょっと計算したんです。利根川は自分は釣れていたんで、まあ2日間の試合でだいたい9kg釣りたいな、というのがあったんです。
 でも堀割川で9kg釣れるかっていわれた時に、ないなと思ったんです。
 まあ、プラの時に抑えて、初日の朝から堀割川行って、気合い入れて釣ったら、もしかしたら5kgとか釣れたかもしれないです。でも、たぶん2日間は絶対もたないなと。
 で、2日間トータルで7〜8kgは釣れるかもしれないけど、まあ勝てないだろうと思ったんで、だったら、今、全部釣っちゃおうと。自分でもう来れないようにしちゃおうと。で、本気出して釣ったんですよ。勢いで釣ったらまあ(重いほうから5尾の合計で)6kgくらい釣れました(笑)。
 
堀部 はははは(本番前日に釣りすぎだろ)。
 
青木 余計ちょっと悩んだんですけど……、これだけ叩きのめしておけばいいだろうと。で、朝イチだけそのプラをして、あとは利根川に時間を費やした、という感じですよね。だから、メインは利根川。
 
堀部 試合当日、なんで堀割川が釣れなくなっちゃったんだろうって悩んだ選手がいたんですよ、青木さんが前日にそんなことをしていたっていうことを知らないですから。それ、誰だがご存知です?
 
青木 知ってますよ。ははははは。
 
堀部 はい、小森嗣彦選手でした。
小森嗣彦選手。2012年大会の覇者。2015年は惜しくも4位
 

青木 だから相当釣れてたと思うんですよ。自分もそれだけ釣っているし、ほかにも釣ってた人が結構いたみたいなので、ポテンシャルはあったと思うんです。
 でも結果的に上位に絡んでくるエリアではなかったんで、まあ利根川でやって正解だったんですけど。(次回へ続く)
 
次回
オールスタークラシック2連覇の背景:第3回は
2016年5月31日公開予定!

  


  
青木大介×草深幸範×伊豫部健
バサーオールスタークラシック2015年激闘の記録!
the another Dimension
Basser ALLSTAR CLASSIC 2015 DVD-105分
 
 

2016/5/29

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING