サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD霞ヶ浦戦・大高 哲也選手のフットステップ

流入河川×ライトテキサス。清明川で連続ヒット!

赤澤史朗=レポート、サイト・ビー=まとめ

2018年7月27日(金)に行なわれた、2018 Basser Allstar Classic THE WILD CARD・EASTERN DIVISION霞ヶ浦戦
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!

大高 哲也選手


5:40
競技開始。16番フライトで最後のため落ち着いてスタート。

0553
「目的のポイントは決まっている。やりきるのみ」


5:50
■清明川
●マスタブラスタ
バズベイトを細かくキャスト。

0634
「今年は春が短かったためトップにはあまり出ていない」

5:59
バイト有り。
ファットウィップ3inでフォローを入れる。

6:02
2回目のバイト有り。
「ここは11時ごろ釣れるはず。朝イチはどこも一緒だから落ち着いていこう」

「ゴリとエビがいるエリアでパターンを読んでいきたい」

6:15
ゆっくり上流へ。
橋の周りを細かくキャスト。
「ファットウィップのライトテキサスをメインに1日貫く。赤い橋から先が本番。ちょっと減水してるな」

06otaka
6:30
●ファットウィップ3in(ライトテキサス)
1尾目! 1,000gクラスをキャッチ。

0650
0651
「まずは予定通り! これを入れ替えたい。ボトムのよれにいるバスをうまく捕らえられた。プラで釣れているポイントだが他の人は釣れていない」

0652
6:37
●ファットウィップ3in(ライトテキサス)
2尾目! 約1,400g。

0656
0657
「どんどん釣っていきたい。群れで入ってきているのでここで丁寧にやっていきたい。釣れたらいいなというところで釣れてホッとしている」

6:55
同じエリアで細かくキャストを繰り返す。

バイトがあったがバラしてしまう。このあともバラシの連続で苦戦することに……。
「まだまだいる」

7:04
2バラシ目、ラインが切れる。
「練習ではラインが切れるようなことはないのに……。まだまだいきます」

「プラのときより水温が8℃下がっている。護岸に対してバスが動いているのでラインが擦れている。バイトしてから走り出すまで待っているとラインが擦れて切れてしまう」

7:18
キャットフィッシュをキャッチ!
「流れ込みの一等地にはキャットフィッシュがいるが、バスはその1段下にいるはず」

7:20
3バラシ目。

7:30
4バラシ目。
「今のは1,500gはあったはず! 今まででいちばん大きかった。フックをダブルエッジに変更する」

0751
7:42
●ファットウィップ3in(ライトテキサス)
3尾目! 約900g。

0801
「絶対いると思ったポイントにいてくれた。ダブルエッジに変更して正解だった」

7:58
●ファットウィップ3in(ライトテキサス)
4尾目! 約650g。
「いて欲しいところにしっかりいてくれる」

0817
「この流れだと上流に行けば行くほど小さくなっていっている……」

8:08
5バラシ目。

8:20
■清明川
上流で折り返し。下流へ釣り下って行く。

0834
8:24
「マッチ・ザ・ベイトが大事。しっかり環境を見てワームカラーを適切に変えていきたい。バスも飽きてくるはず。しっかり現状を把握していきたい」

8:39
6バラシ目。
集中して細かくキャストを繰り返す。

9:22 
■清明川
最下流まで撃ち終わり、折り返して2週目へ!

0721
9:23
7バラシ目。

0859
0900
「なんでこんなにラインが切れるんだろう……」
少し考え「ライン巻き直します! 試合中にライン巻き直すなんて初めて」。

「バスがさらに1段下に降りた感じがする。これは釣れると思う」

9:30
8バラシ目。
「なんで食いが浅いんだろう……水温が下がったせい???」

10:13
●ファットウィップ3in(ライトテキサス)
5尾目! 約440g。

1032
ギリギリキーパーサイズだがリミットメイク!
「揃えた!!! しばらくバラシが続いたけどこれから入れ替えていく!」

10:30
9バラシ目。

1038
「……」

10:56 
■清明川
上流で折り返し。

11:15
丁寧にキャストを繰り返すが反応が途切れてしまった。
「何かが変わった。ここはやりきったから出るしかないのか……」

11:30
おにぎりを食べてリフレッシュ。

11:32
「曇りが続いているからカバーに入らなくなってきた。太陽が出ればグンと出てきて必ずアタるはず!」

11:45
「やっぱり清明川出ようかな」
太陽が出ず曇ったままが続く。

1202
12:17
「出ます!」
移動を決断。


12:30
■清明川河口付近
川筋を出てすぐの杭まわりをファットウィップ(ライトテキサス)、マスタブラスタでとにかく連投。

12:40
2尾目のキャットフィッシュ!
「時間がない……」

1247

13:02
■桜川下流
「水がすごい濁っている」

13:26
■桜川上流へ少しづつ移動
バイト有り!
「ギルかな~」

13:33
「そろそろ戻ります」
戻りながらマスタブラスタをキャスト。

13:40
「見渡す限り5艇はいる。2分で戻れるからまだギリギリまでやる」
時間と周りを気にしながら継続キャスト。

13:54
「戻ります」


大高 哲也選手の成績
5尾4485g……6位

表紙をタップすると試し読みができます hyo1

 発売中のBasser2018年10月号ではBasser AllstarClassicの出場権を賭けた「THE WILD CARD」の東西大会を詳報。小林明人選手・蛯原英夫両選手がいかなる戦略で激戦を勝ち抜いたかに注目です!

 そして特集はフリーリグとリーダーレスダウンショット。見た目は似ているけど性質はまったく異なるふたつのリグを掘り下げます。巻頭では、「リグ芸人」の異名を持つ秦拓馬さんが、今までにない変則リーダーレスダウンショットを本邦初公開! 琵琶湖のトーナメントレコード(10尾で28,953g≒3kgフィッシュを10尾!!)保持者である冨本タケルさんは、ウイードレイクにおけるパンチショットリグとフリーリグの使い分けを解説。黒田健史さんはロングワームを用いたリーダーレスダウンショットの威力を房総リザーバーで証明してくれます。そのほか、マッディーシャローにおけるフリー系リグの活用術、他魚種の仕掛けから見えてくるフリーリグの次なる可能性の考察など充実のコンテンツ。読めば、「どんなときに、どのようにこれらのリグを使えばよいのか」が明確にイメージできる特集になっています。
また、


2018/9/5

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING