サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

篠塚亮のテトラ撃ち道場 :第3回(全6回)

ガチガチなロッドはNG! テトラ撃ちのためのルアーとタックル

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト
254-dojo-019ab

冬といえばテトラ撃ちの季節!!
「え? そうなの?」という方もいるでしょうけれど、そういうものだと思ってください。
そしてテトラ撃ちといえば「しのつか」さんです。
「しのづか」ではなく「しのつか」です。
JB TOP50屈指のテトラーである篠塚亮先生に、厳しい冬の釣行で心のよりどころとなるテクニックを伝授してもらいましょう!


編集部員がエキスパートに入門し、座学と実践で免許皆伝を目指す 『Basser』の人気連載をピックアップ!


※この記事はBasser2013年2月号に掲載されたものを再編集しています

sinotuka01講師=篠塚亮(しのつか・りょう)

1980年生まれ。東京水産大学(現・東京海洋大学)卒で、同大学の先輩である並木敏成さんのあとを受けて卒論の題材に「ブラックバスの釣獲調査」を選ぶ。学生時からJBマスターズやNBCチャプター茨城に参戦。2006年にTOP50へ昇格。主な戦績は2009年JB TOP50 第5戦桧原湖優勝、2013年JBジャパンスーパーバスクラシック北浦優勝。2015年JB霞ヶ浦年間優勝など。

ブログ「シノツカ君、幸せそうなの。

山形1生徒=ヤマガタ(Y)

1978年生まれ。世界中のバス釣り雑誌編集部員のなかで、篠塚先生のテトラ撃ちをもっとも長時間見ているランキング1位(TOP50で同船して通算6日間分見ている)。

s4生徒=ササキ(S)

1984年生まれ。2013年のオールスターで優勝した小野俊郎さんのウイニングエリアは利根川のテトラ帯。そのオールスターの2日後、篠塚先生に教わったとおりに、オカッパリで同じテトラ帯をねらうとナイスフィッシュを3尾キャッチできた。

 


254-dojo-016a テトラ撃ちとは……消波ブロック(通称テトラ)帯のバスをねらうため、ブロックの隙間にリグをプレゼンテーションしていく釣り方。

篠塚先生の問⑤
テトラ撃ちに適したルアーを答えなさい


y4 ショートリーダーのダウンショットリグです。シンカーのウエイトは7gと5.3g! ロッドとラインも答えましょうか?

s4 先輩は篠塚先生のテトラ撃ちをさんざん見てきてますもんね(笑)。でも、テトラ撃ちといえばテキサスリグやネコリグを使う人もいます。なぜ、先生はダウンショットリグ・オンリーなんですか?

sinotuka01篠塚 それはですね……。

テトラ撃ちにおけるテキサスリグの短所
●シンカーとラインがV字になって落ちていくので、隙間へ入っていくときのスムーズさに欠ける。
●同じウエイトのシンカーを用いた場合、バレットシンカーのほうが径が大きくなって、テトラの隙間に挟まりやすい。

テトラ撃ちにおけるネコリグの短所
●ソフトベイトの太さによって使用できる(挿入できる)シンカーのウエイトが制限される。重い(長い)シンカーを挿入すると、ソフトベイトのアクションが不自然になる。
●軽いシンカーでテトラの隙間にリグを送り込むためには、細いラインを組み合わせるしかなくなる(=ラインブレイクの危険性が高まる)。

sinotuka01篠塚 ……という感じなので、僕はテトラ撃ちにはダウンショットかなぁ、と。

s4 リーダーレスダウンショットリグはどうですか?

sinotuka01篠塚 ラインテンションを抜いたときの、ふわっとしたアクションが出せないので、短くてもリーダーのあるダウンショットリグがいいですね。

y3 リーダー、短いですよねェ。普通に20㎝とか30㎝じゃマズいんですか?

sinotuka01篠塚 テトラの狭い隙間をねらって落とし込むので、リーダーが長いと、シンカーは隙間に入っているのにソフトベイトがテトラの上に乗っちゃったりして扱いにくいんですよ。それに、バスはかなり狭い隙間にも入り込んでいるので、リーダーが長いと、ソフトベイトがテトラの陰に隠れてしまって、シンカーしかバスに見えていない状態になってしまいます。

Print
s4S あ~! なるほど、これじゃ釣れませんね。

y3 ヨリモドシは使わないんですか? ラインがけっこうヨレる釣りだと思うんですけど……。

sinotuka01篠塚 使いません。ラインがヨレても、ヨレをとりながら頑張ります。

y3 なぜ? リグるのが面倒だから、とか?

sinotuka01篠塚 違います(笑)。ヨリモドシが引っ掛かって落ちていかないからですよ。これはシンカーを重くしても解消されなくて、キチンと入っていかないから釣れないし、無理やり入れようとすると釣りの効率がかなり落ちます。ということで、テトラ撃ちのダウンショットリグはヨリモドシなしでお願いします。

shinotuka篠塚先生の答え⑤
テトラの隙間に落とし込みやすく、ラインテンションを抜けばふわりとしたアクションが出せるダウンショットリグが適しています。
狭い隙間に潜んだバスの視界にソフトベイトが入りやすいよう、10㎝以内のショートリーダーにしています。


テトラ撃ちの成否を分けるタックル


ライン:「硬い」フロロカーボンがお薦め
shooter
 フロロカーボン製の「シューター(サンライン)」を愛用。表面硬度が高く、張りが強いため、カバー撃ちでは枝ぶりが細かいブッシュなどにも絡みつきにくい。テトラ撃ちでは、表面にキズがつきにくく、またキズがついたあとの粘りにも優れるため、ラインブレイクが起きにくい。

シンカー:根掛かりしにくい「細い」タイプがベスト
254-zagaku012
 球状のものにも転がってテトラの隙間に落ちていきやすいというメリットはあるが、深い穴の中からの回収率では断然、細身のタイプに分がある。「スリムダウンショットシンカー(レインズ)」は篠塚先生がデザインした。

フック:タックルの強さとソフトベイトに合わせて選ぶ
254-zagaku008
 フックのモデルとメーカーがバラバラなのは、組み合わせるソフトベイトとタックルの強さに応じて、篠塚先生がベストなものを探した結果。形状は、ソフトベイトの形状にマッチしてハリ先が露出しにくくかつ掛かりがいいものを選んでいる。
 また、通常の「掛けるフッキング」を行なう「7g」用、「スイープにロッドを立てつつ巻きアワセ」を行なう「5.3g」用、「巻きアワセ」で乗せる「2.6g」用と、ロッドやラインの強さと、アワセの動作に応じて、「適切なワイヤー径を選ぶ」という観点でもフックを使い分けている。

ロッド:「ガチガチ」はNG!
 テトラ撃ちでは、たとえ20Lbラインを用いても、ガチガチのロッドで鋭くアワせたら一瞬でラインブレイクしてしまう。それを避けるためには、アワセの瞬間から、穴からバスを引きずり出し、ランディングするときまで、クッション性のあるロッドにラインを守ってもらう必要があるのだ。


篠塚先生のテトラ撃ち用タックル
2016年現在の情報です。

●7g用
リトルレインズホッグ(レインズ)
パワーステージ#1(フィナ)
スリムダウンショットシンカー7g(レインズ)
※リーダーの長さは10㎝以内
254-zagaku001
ロッド:ストラテジー・ツアラーVスペックTVC-68M Jingorome(スミス)
tvc68m リール:スティーズ103HL(ダイワ)・SLPパワーマグチューン
steez-ltd-sv-tn ライン:シューター12Lb(サンライン)


●5.3g用
3.5in Gテールサターン(レインズ)
キロフック・ワーム17#2(デコイ)
スリムダウンショットシンカー5.3g(レインズ)
※リーダーの長さは10㎝以内
254-zagaku002
ロッド:ストラテジー・ツアラーVスペックTVC-65ML Bait Finesse Axis(スミス)
tvc65ml リール:T3 AIR8.6L-TW(ダイワ)
t3air_86l-tw_2 ライン:シューター10Lb(サンライン)


●2.6g用
3inキックリンガー(レインズ)
ワーム321ファインカスタム#5(がまかつ)
スリムダウンショットシンカー2.6g(レインズ)
※リーダーの長さは10㎝以内
254-zagaku003
ロッド:ストラテジー・ツアラーVスペックTVS-63L Precision Control Spin(スミス)
tvs63l リール:ルビアス2506(ダイワ)
2506 ライン:シューター・FCスナイパー5Lb(サンライン)

 ここに掲載したセッティングは、ほとんど篠塚先生の「試合用」そのものだ。試合と違う点といえばスピニングタックルがあることだが、これはよほどバスの食いが渋いときに、「テトラの穴に真上からリグを落とし込める状況限定」で使用するオカッパリ用のセッティングである。
 基本は2セットのベイトタックルで、先発は常に「リトルレインズホッグ+7gシンカー+12Lbライン」。状況によってふたつを使い分けるというよりも、こちらから使い始めてバスの反応が得られなければ「Gテールサターン+5.3gシンカー+10Lbライン」へローテーションする。篠塚先生的には、これがテトラ撃ちにおける「限界のライトリグ」という位置付け。「限界」の意味は人それぞれだが、篠塚先生は「確実にキャッチできること」を優先している(あくまでも篠塚先生の技量での話)。
 これらは基本だが絶対ではなく、篠塚先生自身、「これらのタックルでは掛けても獲れない」と判断したら、「リトルレインズホッグ+10.5gシンカー+14Lbライン」といったセッティングに変更することもある。
 こうした調整をする場合、ラインが太く(重く)なるほど、リグがテトラの隙間に入っていきにくくなるので、シンカーもいっしょにワンランク重くするとストレスなく撃つことができる。


 
 

 

ダウンショットリグを得意とする
ふたりのアングラーが使用法を徹底解説!

DVD-downshotrig 小森嗣彦/橋本卓哉 ダウンショットリグ講座
DVD-140分


  
 

 

2016/11/23

おすすめ記事

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING