サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

小森嗣彦のダウンショットリグ道場 :第4回(全6回)

真冬の亀山湖で実践篇!

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト
5-1ba

JB TOP50で年間チャンピオンを3度獲得した唯一のアングラーで、先に開催されたBasser Allstar Classic 2016で準優勝を収めた小森嗣彦先生。
ダウンショットリグは小森先生の勝利に幾度も貢献し、代名詞的な存在となっている。
どんな状況でもきっちりバスを手にする巧みな技を、YとSは習得できるのだろうか!?


編集部員がエキスパートに入門し、座学と実践で免許皆伝を目指す 『Basser』の人気連載をピックアップ!


※この記事はBasser2010年4月号に掲載されたものを再編集しています

komori-8講師=小森嗣彦(こもり・つぐひこ)

昭和49年10月20日生まれ。JB TOP50で3度の年間タイトル獲得している唯一の選手。ほかにも2008年JBスーパーバスクラシック優勝、2012年Basserオールスタークラシック優勝、2009年、2011年、2016年Basserオールスタークラシック準優勝、2016年JB TOP50第1戦さめうら湖&第3戦七色貯水池優勝などの成績を収めている。亀山湖、桧原湖、琵琶湖、霞ヶ浦水系でガイドも営む。

小森嗣彦オフィシャルホームページ「Komori Guide Service

山形1生徒=ヤマガタ(Y)

ダウンショットリグは「釣れるけどなんかピンとこない」存在だった。しかし、2014年の12月、冬の相模湖で行なわれた編集部対決では、2.5inレッグワームのダウンショットリグを使って小森先生の教えを忠実に実践し、出場チーム中唯一のバスをキャッチ。

s4生徒=ササキ(S)

地元、広島の野池では「ダウンショットリグを使わせたら右に出るものナシ」と自分で思っていたほど自信のあるリグだったため生徒役に志願。この道場取材を受けてからは小森先生のレッグワームリグに開眼。2013年~2015年の初バスとラストバスはこのリグでキャッチした。

 


tackle4 ダウンショットリグとは……フックに結んだラインの余りをリーダーとして、ソフトベイトの下にシンカーをセットする形状のリグ。ボトム感知性能が高く、スイミングやシェイクなどさまざまな操作で使える汎用性の高いリグだ。

真冬の豪雨は回避できるのか?


 実践の舞台は1月28日の亀山湖。今回の実践篇はレンタルボートでの釣りになるため、2艇に分かれて行なうことになった。当然、小森先生と同船したひとりが初バスへの特急券を手にすることになるのだが……。

取材でお世話になった「トキタボート
千葉県君津市川俣33-10
tokita01 10ftの免許不要艇から、3人乗りが可能な14ftまでのレンタルボートを取り揃えている。ハンドコンエレキとバッテリー、ライフジャケットもレンタル可能。荷物が多い場合も、桟橋まで電動リフトで台車ごと運べるのでとっても楽チン

y1Y ササキ、今日は1日中小森先生のボートに乗っていいぞ。

s4S んっ!? わかりました。

komori-1小森 さすが! 先輩の優しさだね。

s2S 釣れなかったときのために、「魚探がなかったし、ササキのように小森先生の釣りを間近で見れなかったし」っていう言い訳を作りたいだけなんじゃ……?

komori-2小森 まぁまぁ、ふたりとも。大事なことを先に言っとくと、今日は15時から大雨の予報だから。そのときふたりともノーフィッシュだったら、16時の帰着ギリギリまで雨に打たれながらがんばってもらうよ。冬の大雨は地獄だぞ~。

y2Y ササキよ、くだらないこと言ってないで早めに釣るぞ。

s4S そ、そうですね。

2-1 今回はレンタルボートでの釣りになるため2艇に分かれて出船。Y艇はローパワーのハンドコンだったため移動では大きく後れをとることも

「ピンスポットをネチネチ」だけじゃない!?


 2艇がまず入ったのは、トキタボートのほど近くにある押切沢橋周辺のシャローフラットで、水深は1.5mほど。

1-1 押切沢橋周辺で釣りを開始。水深1.5mのシャローフラットでフィーディングするバスをねらう。ダウンショットリグ・イコール・ピンスポットの釣りという認識は間違いだと小森先生

y3Y えっ? こんなシャローフラットで真冬に釣れるんですか?

komori-1小森 どんなに寒くてもシャローにはバスがいて、ガイドでもほぼ毎日いいサイズのバスが出てる。とくに朝マヅメはフィーディングモードのバスがいる可能性が高いから、まずはこのシャローフラットをチェックしよう。

s4S フィーディングモードのバスをダウンショットで……。なんだかピンときません。ミノーやシャッドをぐりぐり巻いたほうがいいのでは? それともこのフラットにピンスポットがあるんでしょうか?

komori-1小森 まぁ、見ててよ。

 小森先生はダウンショットリグを15mほどキャストし、チョンチョンチョンチョン……と速いテンポでシェイクしながらラインスラックを巻き取っていく。着水から回収までは20秒ほどだ。

y6Y は、速い! しかもポーズをとらないんですね。少し離れたところで見ていると、ジグヘッドリグでミドストをやってるように見えます。

komori-4小森 ダウンショットリグ=ピンスポットの釣り、と考えている人が多いけど、こんなふうに速めのテンポで操って広範囲を探ることもできる。真冬のシャローフラットパターンに気付いたのも、ダウンショットを使っているときだったんだ。中層を探っていたら食ってきたから、ジグヘッドのミドストやミノー、シャッドならもっと釣れるかも? と試したらドンピシャリ。

s4S ダウンショットリグは、バスがいるレンジや有効なアクションを知るためのサーチベイトとしても活躍するんですもんね。

kazari
komori-8小森 そのとおり。ダウンショットリグで反応があれば、バイトがあったタイミングやアクション、レンジを考慮してルアーローテーションしてあげればいい。

  
 
 

 

ダウンショットリグを得意とする
ふたりのアングラーが使用法を徹底解説!

DVD-downshotrig 小森嗣彦/橋本卓哉 ダウンショットリグ講座
DVD-140分


 
 

 

小森嗣彦選手のレッグワームリグでのヒットシーンは必見!

DVD-downshotrig 完全密着!!Basser ALLSTAR CLASSIC 2013
DVD-170分





2016/11/22

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING