サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第7回

ロクマルを持ち帰った今江克隆選手が2連覇

Basser編集部=写真と文
第6回大会・琵琶湖(出場18名)                        
Place NameTotal weight(g)
1今江克隆15090
2河辺裕和11636
3吉積健司11113
4吉岡進行10116
5小山隆司10112
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します

allstar6-01_0002a

 今江克隆が初のオールスタークラシック連覇を果たすと同時にもうひとつの金字塔を打ち建てた。60cm・2522gは当時、国内のトーナメントで初めてウエイインされたロクマルだったのである。

 展開は終始、今江が他を圧倒。林圭一から贈られたマッドペッパーマグナムをメインにヘビキャロを交えて1日目、2日目とも7kg超をマーク。リミット7尾のスコアとはいえ、これは当時の琵琶湖において文句ナシのハイスコア。連覇とロクマルというふたつの「初」が、JBTAにおいて無敵を誇る今江の強さをあらためて証明することとなった第6回大会だった。

allstar6-01_0004a

掲載は1993年1号

allstar6-01_0001a

2016/9/21

最新号 2018年3月号

[特集]トレーラーベイツ

わき役が輝くすてきなドラマ

 ときにメインとなるルアーよりも選択が重要となるわき役「トレーラー」が今号の主役です。たとえばジグの場合、トレーラー次第でルアー全体のサイズ感やアクション、フォールスピード、イミテートするベイトフィッシュまですべてが変わってくるからです。  巻頭の「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが真冬の菅野湖をバルキートレーラー+フットボールジグの組み合わせで攻略し2尾の50cmアップをキャッチ。  並木敏成さんはカバージグの黄金コンビネーションを紹介。そのほかスイムジグやフットボールジグ、ワイヤーベイトのトレーラーも細かく紹介。アメリカのツアープロが本気の勝負で投入するトレーラーのトレンドについてもまとめています。  また、2018年に創立30周年を迎えたエバーグリーンの歩みを特集。日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたタックルとプロスタッフ陣の輝かしい戦歴はどのようにして紡がれてきたのか。菊元俊文さん、今江克隆さん、清水盛三さん、福島健さんらへのインタビューを交え、その歴史を紐解きます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING