サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 市川哲也選手のフットステップ

桜川から巴川まで! 走りに走ったランガンスタイル

佐々木つばさ=レポート、サイト・ビー=まとめ
2016年8月26日(金)に行なわれた、Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


00


市川哲也選手


7:09

■桜川下流
●4inシュリンプ(3/16ozテキサスリグ)
●ミディアムクロー(1/2ozテキサスリグ)
●フリッピンチューブ(1ozテキサスリグ)

01_1
潮来マリーナから約1時間のロングドライブで到着した先は桜川下流。2日間のプラの中でもバイトを多く得たエリアだという。南岸に広がるアシを3種のテキサスリグで撃っていく。際には3/16oz(4inシュリンプ)、増水によって水面に倒れかかったアシの中には1/2oz(ミディアムクロー)、アシ以外のベジテーションや浮きゴミが絡んだヘビーカバーには1oz(フリッピンチューブ)と、ウエイトを細かくローテーションさせながらリグを撃ち込んでいく。
「今日のねらいはシャローのみ」

7:22
速いテンポで上流側へ釣り上がっていく。所々にある杭や流木にはスピナーベイト(Bカスタム3/8ozタンデムコロラドモデル)を数投。

7:51
アシを撃ちながら「食わないな……」とひと言。プラのときよりも若干水質が悪い様子。水面にはこの水系で水が悪いエリアだとよくみられる白泡が浮いていた。

8:00
ボートポジションを岸から少し離して、点在するクイにクランクベイト(E-2)を通していく。

8:18
デッドスローで少し上流側へ移動。河口部と同じく4inシュリンプの5gテキサスを軸にアシを撃っていく。角度によってピッチングを左右の腕で投げ分け、時折フリッピングも織り交ぜるスタイル。着水後、ワン~ツーアクションで即ピックアップ。場所によってはボトム着底後、ティップを煽ることなく次のスポットへルアーをプレゼンテーションすることも。カバーを撃つスピードはかなり速い。
「このストレッチは泡が浮いてない。昨日釣れた水色に似てる」

8:26
スピナーベイトが結ばれたタックルに持ち替え、流木の際をバジングさせながら通すとナイスサイズのチェイス。しかし、バイトまでには至らず。
「結構デカかったし……」

01_2
8:49
下流側に戻り、岬状に張り出したアシを少し撃った後、本湖側へ移動。


8:59

■崎浜エリア
●4inシュリンプ(3/16ozテキサスリグ)
桜川に見切りをつけ、西浦の崎浜エリアへ到着。ここでもねらいはアシと点在するブッシュ。バンク際に現われるカバーを次々と撃っていく。

9:03
4inシュリンプの5gテキサスリグに1尾目がヒット。30cmをギリギリ超える推定300g。「こんなんじゃ、勝てねーし!!!」

02_1
02_2
9:08
立て続けに2尾目をキャッチ。ルアーは同じく5gテキサス。ウエイトは1尾目と同じく推定300~400g。
「アシの凹みより、張り出した場所でバイトが出た」

02_3
9:26
3尾目。ルアーは5gテキサス。推定400gとサイズが伸びず、表情は硬いまま。
「ここはキーパー場か!? 本湖では出ればデカいはずなのに」

02_4
9:35
勝てるサイズを求めて移動。


9:49

■菱木川
霞ヶ浦に流れ込む流入河川で、桜川の他に好感触を得ていた菱木川へ移動。河口付近にあるカバーを撃つ。水色も良く、カレントも効いており、ベイトフィッシュ(淡水サヨリ)もフラフラと泳いでいたが、ノーバイト。「今日は川系がダメなのか!?」。即移動。


10:10

■沖宿エリア
菱木川から沖宿エリアへ。一貫してバンク際のカバーを撃っていく。

10:18
“いかにも”といった大規模なブッシュの先端でバイトを得るも、まさかのノンキーパーに思わず苦笑い。ルアーは5gテキサスリグ。

04_1
10:21
コンクリート製のクイに絡めてのクランキング。

10:35
デッドスローで同エリア内の少し東側へ移動。

10:41
移動直後に4尾目。ブッシュに絡まりながらも強引に引きずり出しランディング。推定450g。ルアーは5gテキサス。

04_3
04_4
10:43
5尾目キャッチでリミットメイク。推定450g。ここまでのヒットルアーは全て4inシュリンプのテキサスリグ。
「キロで揃えるため、本湖にいるのに……」

04_5

10:58

■田村エリア
田村エリアに移動後、アシを撃つも感触の悪さから、大移動するか本湖で粘るか迷いが生じる。
「アーッ、次はドコ行こう。迷うな……」

11:10
「移動します!」。西浦に見切りをつけ、北浦方面へと移動を開始。


11:36

■北利根川・常陸利根川橋付近
北利根川(常陸利根川橋近くのアシ際)でエンジンを止め、目ぼしいスポットのみをテキサスで撃っていく。

11:47
4inシュリンプのストックが無くなってしまったため、ミディアムクローの5gテキサスリグでアシを撃っていくと、ノンキーパーがバイト。早々にこのポイントを見切り、北浦最北端を目指す。

06_2

12:14

■巴川エリア
北浦最上流の巴川エリアへ。西岸のアシ際をウエイト別のテキサス3種でテンポ良く撃っていく。
「1500gを3本!!!」

12:30
6尾目をミディアムクローの5gテキサスでキャッチ。推定450gで最少サイズと入れ替え。「5キロ揃えないと勝てない……わかってるのに……」


12:49
少し下流側に点在する木枠(木製の囲い)をスクエアビルのクランキングでねらう。木枠が整然と並んでいる場所では、ボートをできるだけ近づけて枠と平行になるようなトレースコースを引き、途中で木枠が崩れて水没しているような場所では、縦横斜めとさまざまなコースからクランクを丁寧に通していった。

07_1
12:56
E-2でバイトを得るもバラシ。直後に1㎏近くありそうなバスのチェイスも。日が陰り、風も強くなってきた直後の出来事だった。

13:35
石積みをE-2のクランキングで攻め、推定400gをキャッチ。「時間無いから写真はちょっとでゴメン!」。入れ替え作業を数秒で済ませ、即座に次のキャストへ。

07_2
13:43
「ラスト!」の掛け声と共に、石積みへクランクをフルキャスト。ピックアップ後、潔く潮来マリーナへと急ぐ。

13:55
無事帰着。


市川哲也選手の成績
5尾2658g……9位


メインタックル
99 ※上から……
●スピナーベイト用
ロッド:フルレンジC70MH(テイルウォーク)
リール:エランMTX 73CR(テイルウォーク)
ライン:デッドオアアライブ プレミアム パワースタウト16Lb(グラン・ノガレス)
ルアー:Bカスタム3/8oz(デプス)※タンデムコロラドモデル

●クランクベイト用
ロッド:フルレンジC70M/G(テイルウォーク)
リール:エランMTX 73DR(テイルウォーク) ※エランPRのハンドルに換装
ライン:デッドオアアライブ プレミアム パワースタウト16Lb(グラン・ノガレス)
ルアー:E-2(WEC) ※前後フックをカマキリトレブル #4(イチカワフィッシング)に換装

●14g(1/2oz)テキサスリグ用
ロッド:フルレンジC70MH(テイルウォーク)
リール:エランMTX 10thLTD 81CR(テイルウォーク)
ライン:デッドオアアライブ プレミアム パワースタウト20Lb(グラン・ノガレス)
ルアー:ミディアムクロー(ゲーリーインターナショナル)
フック:ワーム310 #3/0(がまかつ)
シンカー:バレットシンカー1/2oz(ジャッカル)

●5g(3/16oz)テキサスリグ用
ロッド:フルレンジC70MH(テイルウォーク)
リール:エランMTX 10thLTD 81CR(テイルウォーク)
ライン:デッドオアアライブ プレミアム パワースタウト20Lb(グラン・ノガレス)
ルアー:4inシュリンプ(ゲーリーインターナショナル)
フック:ワーム310 #2/0(がまかつ)
シンカー:バレットシンカー3/16oz(ジャッカル)

●28g(1oz)テキサスリグ用
ロッド:フルレンジC711H(テイルウォーク)
リール:エランPG 81R(テイルウォーク)
ライン:PE 50Lb
ルアー:4inフリッピンチューブ(ギャンブラールアーズ)
フック:ワーム316 #4/0(がまかつ)
シンカー:XPS タングステンフリッピンウエイト1oz(バスプロショップス)



2016/9/17

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING