サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ルアー別フッキング実例集⑨
中村哲也×チャターベイト系

ストロークを確保するため、ロッドとラインは一直線に

Basser編集部=写真と文
今のバイト、どうやってアワせればよかったんだろう?
貴重なバイトを逃せば、誰もがそう思うでしょう。
上手な人はどうやってアワせているのか。
それぞれの十八番ルアーのアワセ方、訊いてきました。


DSC_4142解説=中村哲也(なかむら・てつや)
メガバスプロスタッフ。池原貯水池、琵琶湖をホームグラウンドとし、60㎝アップのビッグバスをねらい続けるストイックなアングラー。


この記事はBasser2015年4月号に掲載されたものを再編集しています。



チャターベイト系

nakamura ワイルドヘッダー1/2oz+ドットクロウラー7in(メガバス)

ヌッ……と一瞬止まるような感触がアワセの合図

 自分がチャターベイト系を使うのは魚を手っ取り早く探したいとき。とくに2月末〜4月、バスがスローなローリング系のアクションに反応するタイミングで出番が多いです。基本はただ巻きですが、リフト&フォールで探ることもあります。

 チャターベイト系で多いのが、コンマ何秒のレベルでリトリーブがヌッと止められるような感触。んっ!? と思ったらドンッと鈍いバイトが出ます。

 チャターベイト系はフックが飛び出しているので、乗りは基本的によく、オートマチックに掛かってくれることも多々あります。アタリを察知したらストロークを長めにとってロッドワークでフッキングを決めつつ、速やかにハンドルを巻いてファイトに移ればOKです。このときハイギヤのリールのほうがフッキングが決まりやすい実感があるのでギヤ比7.9:1のIP79を愛用しています。ちなみにリトリーブ時は身体の前でロッドとラインが一直線になるような姿勢を保ち、フッキング時にストロークを確保しやすいようにしています。

 注意したいのはルアーを食ってきたバスが反転せずアングラー側に向かって走ってくるとき。バイトの直後にフッ……とラインテンションが抜けるケースで、ボートフィッシングでとくに多いです。このときは可能な限り速くハンドルを回して巻きアワセを決めるのがベストだと考えます。

 フッキングが決まればバラシが少ないのがチャターベイト系のメリットだと思います。バスの口の中にルアーがすっぽり入った状態でファイトすることが多いので、ヘッドシェイクされてもフックが外れにくいんでしょうね。


中村哲也さんのチャターベイト系用タックル
ロッド:エヴォルジオンF6.1/2-72tiメフィスト(メガバス)
リール:IP79(メガバス)
ライン:ナスリーNウォーカードレッドライン16Lb(よつあみ)



TrippinBanner

2016/9/10

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING