サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

2014年JB TOP50桧原湖戦を振り返る :第1回(全4回)

過去の試合から次回のJB TOP50戦を占う

Basser編集部=写真と文
 この記事ではBasser2014年11月号に掲載されたJB TOP50桧原湖戦のレポートを掲載する。8月29日~31日にかけて開催されたこの試合では、吉田秀雄選手が他をあっと驚かせる釣りで優勝した。

 折しも今週末(2016年9月9日~11日)に、同じく桧原湖でのJB TOP50戦が控えている。今回の試合を占ううえで、同じフィールドで開催された試合を振り返るのはとても意義のあることだと思う。

 2014年とは2週間ほど日程に違いがあるが、その季節的なうつろいも踏まえたうえで、選手たちの釣り方やタックルに注目しつつ、試合結果を追っていくことで、このフィールドへの理解が一層深まることは間違いない。


※記事内敬称略

JB TOP50 2014 4th STAGE EVERGREEN CUP


フィールド解説・桧原湖(ひばらこ)
 「裏磐梯」と呼ばれる磐梯高原にある自然湖だ。水質はクリアで、バンクの質は赤土とガレ場がメイン。火山活動によって形成された湖なので、ボトムはおもに岩盤や岩石で形成されており、湖のいたるところにハンプや水中島などの地形変化がある。同じスモールマウスレイクでも、フラットが多い野尻湖とは対照的。メインベイトはワカサギ。スモールとラージが生息しているが、スモールが圧倒的に優占種で、その比率は100:1といわれるほど。


kakomi (1)
kakomi (2)
kakomi (3)


2014年8月末の状況

 JBのウェブサイトによると、試合期間中の水温は22~23℃。気温は14~21℃。減水傾向で平常時よりも濁りが入った状態だった。2014年の夏は台風などの影響で例年よりも天候が安定せず、夏といえる状況は非常に短かった。シャローにバスは少なく、ミドル~ディープレンジがバスのストック量が多いという意見が選手からよく聞かれた。試合初日は59名中49名がリミットメイク。1尾あたりの平均重量は588g。ちなみに2013年の同時期に開催された桧原湖戦では56名中54名がリミットメイクに成功している。1尾あたりの平均重量は632g。2013年と比べると今年2014年の桧原湖はやや不調といっていいだろう。


2014年桧原湖戦DIGEST


優勝・吉田秀雄
1 2014年JB TOP50第4戦を制したのは吉田秀雄。2位・澳原潤と15ポイント差の圧勝劇だった。吉田のウイニングパターンは、次回、詳しく解説する

準優勝・澳原潤
2 JB桧原からTOP50に昇格してきた澳原が準優勝。水深8~9mの沈み物などを2inピンテール(ゲーリーインターナショナル)やベビーサーディン(バークレイ)のダウンショットリグでねらう釣りを軸に、スタンブルやDゾーン(エバーグリーン)も交えた

3位・本堂靖尚
3 吉田と近いエリア(糠塚島周辺)を釣っていた本堂が3位入賞。アンクルミノー3in(イマカツ)の2.7gライトキャロがメイン

4位・青木大介
5 最終日に49cm、1500gオーバーのスモールを獲った青木が2013年に引き続き桧原湖戦で4位。3日間を通じてベビーサーディン(バークレイ)の1.3gダウンショットリグでリミットを揃えた

5位・川又圭史
4 月島周辺の水深8~9mなどをAR-Wピンテール(スミス)やGテールサターン2.5in(レイン)の1/16ozダウンショットリグで釣った川又が5位。パイロン(ハイドアップ)によるボイル撃ちでもキーパーを獲ったという

2014 4th STAGE RESULT                                                                                                
Place Name Fish Total weight(g) Point
1吉田秀雄1511287356
2澳原 潤1510004341
3本堂靖尚15 9968337
4青木大介1510512332
5川又圭史159458326
6大塚 茂159373325
7五十嵐誠159328311
8横川隼大159028307
9薮田和幸158856307
10小野俊郎159092301
11山木一人158644297
※全選手の成績はJB TOP50のウェブサイトをご覧ください


  
 

TrippinBanner



  
JB TOP50を戦う青木大介選手とそのライバルに密着!
シリアス8
DVD-155分
 
 





2016/9/5

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING