サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

JB TOP50第3戦・旭川湖

JB TOP50第3戦・旭川湖

Basser編集部=写真と文
南北に長~い旭川湖を上流から下流へ見ていきます。

g
まず、最上流から流れ落ちてきたのは長瀬けいいち選手です。
腰の黄色い物にご注目ください。

z
続きましても上流域。
秦拓馬選手が、競技時間の短い決勝の試合中に
ラバージグをタイイングしようか迷っております。

s
まだまだ上流域。
奥にいるのは田渕秀明選手。右上に架かるのは旦土橋です。
速い流れが水中の岩に当たって渦を巻いています。

333
やはりこの選手も上流域にいます。加藤誠司選手。
陸に打ち上げられているように見えますが、
激浅の逆ワンドに侵入して釣っているところです。
どうやら見つけたバスをサイトフィッシング中のようす。

5
中流域まで下りまして、ベンドのアウトサイドにある岩盤の岬。
このエリアにも流れがあり、岬の裏では流れが巻き返しています。
小野俊郎選手がフリックシェイク4.8inの1/32ozネコリグで700gをキャッチ。

7
その下流側で下野正希選手も釣りました。
遠目に見てもナイスフィッシュ。
1kgを超えていそうです。

g
中流域で特徴的な釣りをしていたのが吉田秀雄選手です。
ほとんどの選手がベンドのアウトサイドを釣るなか
浅いインサイド沖の緩やかなブレイクをスピナーベイトで探っていました。
それに追ってきたバスをスタッガーピンテールのダウンショットリグで食わせ
1700g超をキャッチ! 今大会のビッグフィッシュ賞を獲得しました。

5
地元岡山の星、小林知寛選手は7位。
惜しくも表彰台は逃しましたが、
同船したプレスいわく、その釣りはそうとうエキサイティングだったとか。
ところで小林選手は
「コバ君」「ヤシ君」「トモ君」「ヒロ君」とさまざまに呼ばれております。
どこをとっても親しみやすいということでしょう。

4
僕には「シノフサクンシアワセソウネノン」と聞こえていました。惜しいッ!
幸せそうな篠塚(シノツカ)亮選手です。
「プラでクランキングが好調だった」という話を数名の選手から聞いていたのですが
本番でハメてきたのは篠塚選手くらいだったような……。
何かコツがあるのでしょう。気になります。

8
今大会を終えて、年間タイトルレースの2位に浮上した
茂手木・キャスティー・祥吾選手のウエイイン。
勤務先のキャスティング・キッカー日本橋店で握手!

1
田渕選手と秦選手の上流域対決が決着。
田渕選手は初優勝。四国勢初の優勝者でもあります。おめでとうございます。
惜しくも初優勝を逃した秦選手ですが、ひさびさの表彰台、おめでとうございます。

詳細は次号に掲載します。(ヤマガタ)

2009/7/17

<< 2009/7 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新号 2017年4月号

実釣記事では、メジャーレイクでビッグバスが続出! 川島勉さんと田辺哲男さんは亀山湖で、並木敏成さんは相模湖でいち早く春を捉え、それぞれテキサスリグ、ジャークベイト、パワーフィネスという異なるスタイルで50cmクラスを手にしています。三寒四温と言われる3月。春らしい釣りにチャレンジするか、まだまだ冬の釣りをしなければならないのか……。そんな悩ましい早春を釣るヒントが数多く紹介されています。  特集は、プロアングラーの道具を公開する「Inside his Box」の拡大版。伊豫部健さんの一軍アメリカンルアーや五十嵐誠さんの快進撃を支えたソフトベイト、市村直之さんの早春の琵琶湖攻略厳選ルアーなど、本気のセレクトは必見です。そのほか、小森嗣彦さんのシンカーや加藤誠司さんのフック、そして福島健さんの工房や赤羽修弥さんの釣り部屋などの「箱」も大公開。タックルセレクトに対するこだわり、そしてバスフィッシングへの情熱をご覧ください。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING