サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

JB TOP50旧吉野川戦。 ~とりあえず予選1日目まで篇~

JB TOP50旧吉野川戦。 ~とりあえず予選1日目まで篇~

Basser編集部=写真と文
行ってきましたきましたJB TOP50開幕戦。

千葉-徳島間往復1400kmのひとり運転は、いつもどおり超ヒマでした。

音楽聞くか、スルメかじるか、水飲むか、くらいしかすることがなく、

新しい取材車輌のクロスロード(ホンダ)は燃費がいい(リッター14km弱でした)ので、

給油ストップの必要もなく、

けれど、運転に飽きてもハンドルを握らないといつまでも目的地に着かず……。



そして約9時間で徳島県は旧吉野川に到着してがく然。

暖かいはずの四国は、関東よりもよっぽど寒かったんです。

河岸の菜の花は満開なので、急に冷え込んだのか、

それとも地球が方針転換して、温暖化から寒冷化に転じたのか、

まぁ、三寒四温の「寒」にぶち当たったんでしょうけど。

どうりで2日前からプラに入っていた選手たちの多くが、

「ぜんぜん」「まったく」「さっぱり」「釣れなくなった(汗)」と口を揃えていたわけです。



河口堰はあるものの、旧吉野川はタイダルリバーといって差し支えなく、

時は3月末で、バスのコンデションはプリ。

それも何かの拍子にステージングして一気にスポーンしてもおかしくない状況。

そこに寒の戻りが絡み、一時は15℃まで上昇していた水温が10~11℃まで下降したんですから、

なんとなく難しそうだな、という程度には予想していました。

が、それでも旧吉野川だし、なんだかんだで釣れるでしょ、とも思ってました。



で、そういうストレートな考えを、今期からTOP50に参戦したとある選手に話したら、

「冗談じゃないですよ。釣れるもんなら釣ってみてくださいよ!」

と、マジギレされました。

これがひとりの意見ではなく、選手の総意にも等しいことはすぐに明らかになりました。

予選1日目、リミットメイクできたのは52名中わずかに1名。

篠塚亮選手だけだったのです。

jb_03
この日の競技時間終了10分前、篠塚選手がラスト1投でキャッチ。

jb_04
遠目にもデカいとわかりましたが、ウエイインされたバスは1700g以上ありました。ナイスなプリです。

jb_01
トップウエイトをマークしたのは野村俊介さんでした。テトラ帯の外(沖)側をねらっていたように記憶してます。ピンで粘っていたので、こぼれテトラが岬状の張り出しを形成していたのでしょうか。

jb_05
上機嫌で帰着した小野俊郎選手が2位。小野選手といえば、春のオカッパリオールスター芦田川大会でビッグフィッシュを連発したり、夏の旧吉野川で釣りまくったりしていたことを思い出します。展開的には芦田川のときのそれに近く、コンタクトスポットを見極めて、そこへ入ってきたバスを釣っているように見えました。

jb_02
今江克隆選手がトーナメントシーンに戻ってきたことも今大会のニュースです。予選1日目は、中上流域のフラットが絡むエリアでデカいルアーをぶん投げてました。画像(元データ)を拡大してみると、スイムベイトのようです。たぶんバクラトスイマーでしょう。

……明日以降に続く。

のですが、あまり書きすぎると記事にすることがなくなりそうなので、出し惜しみつついきたいと思います。

2008/4/1

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

おすすめ記事

最新号 2017年2月号

今号は、寒い季節だからこそ効果的なハードベイトを、クランキングを中心に特集。宮廣祥大さんが琵琶湖でマグナムクランクを引いてロクマルを手にしたり、伊豫部健さんが旧吉野川水系で50cmアップを含むナイスサイズをフラットサイドクランクで連発したり、編集部スタッフがシャッドで自己記録を更新したり……。出しどころと使い方さえ理解できれば、ハードルアーはたくさんのバスを連れてきてくれることがわかる内容となっています。  ほかにも、編集部員が赤羽修弥さんに弟子入りして免許「仮」伝を目指す「シャッド道場」や、H-1グランプリの歴代優勝者による内容の濃い対談など見どころがたくさん。読み終わった瞬間から釣りに行きたくてたまらなくなります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING