サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

Basser30周年記念ロッド、まもなく受注締め切り!

編集部ササキの感想

Basser編集部=写真と文
2
 Basser30周年記念ロッドの受注締め切りまであと1週間になりました。もし買っていただければこれ以上の喜びはないので、テストのときの使用感を今一度レポートしたいと思います。

image1
image2
image3
image4
 「このサオいいな~!」と思ったのが初夏の新利根川釣行でした。使ったのはBasserロッドのプロトのみ。

 この日は朝から土砂降りで(たしか久々の雨だったような……)、「とんでもなく釣れちゃうんじゃないか……」と生唾をゴクゴクしながらレンタルボートのセッティングをしたことを覚えています。

 投げやすくバラしにくいグラスコンポジットのクランキングロッドということで、テストでキャストするのは当然クランクが筋、というものなのですが、雨の誘惑に負けた僕は1/2ozのバズベイトと3/8ozクリスタルS、小さい海馬、マイケルビッグ、ビッグバドを乱射。

 なかでも1/2ozバズとバドは6ft4in・MLパワーに対してちょっとオーバーかしら?と思いつつ、釣欲に負けて投げていたのですが、意外にも気持ちヨカッタのが印象に残りました。じぶんのキャストはゆったり振ってびよ~んと投げる感じで、それもマッチしていたのかも。

 バドを速巻きして潜らせる溺愛釣法もちょうどいい具合でした。
(よく曲がって、ちょっとだるいな~くらい軟らかいロッドのほうがバドの喜びが増幅される気がしています)

 マイケルビッグの首振りも「専用か?」と思うほど楽でした。が、しかし!! かなりの距離をダダ流ししたもののノーバイト・ノーチェイス・ノー見えバス。

 いや、ちょっと前からうすうす気づいていましたが、認めたくなくて現実逃避をしていました。今日はブレイクの日なんじゃないかということに……。

 ワイルドハンチやブリッツMR、クラッチDRで水深1.5mをねらうと10分くらいで釣れて、その後同船の編集部タニガワ君にもヒット。投げ心地、引き心地はサイコーでした。

 ラインを張らずに巻いたときにティップがホエホエホエホエホエ……といい具合にプルプルしてくれる感じが超釣れそうでドキドキさせてくれるというか……。

 わかりにくいですね。すみません。説明が難しい、というか文章では不可能なのですが、じぶん的にはそんな感じでした。

 で、1尾目は嬉しいことに(テスト的には)リアフック1本の薄掛かりだったので、船べりで気持ち長めにファイトしてみましたがバレず。グラス入りって素敵だな、と思いました。タニガワ君にヒットしたときも「バラせ!バラせ!」(夕飯をかけて勝負していたからです)と強く念じましたが、残念ながら彼は一度もバラしてくれなかったです。ちなみに結局夕飯をおごらされましたが、腕ではなくサオがよかったと解釈しています。

1
 後日の新利根釣行も合わせて4日で25尾くらいのバスを釣ったのですが、たしかバラシは3回。これが一般的に多いのか少ないのかわからないですが、小バスのバイトが多いシーズンであることを考えるとじぶん的実感としては少ないかと思っています。もっと上手い人がこのサオを使ったらノーミスなのかもしれません。

 で、新利根釣行に話を戻すと、結局この日はブレイクの日で、タニガワ君とふたりで10尾くらい釣れて楽しく、Basserロッドはクランクだけじゃなくていろんなハードベイトに気持ちよし、という結論に至りました。実際、このあと行った片倉ダムでは1/4ozスピナベと3/8ozバズ、バド、ベビーワンマイナスでバスを釣ったので、バスからも「悪くなかろう」と言ってもらえた気分になっています。

 とりあえずこんな感じです。さらなる詳細、スペック、購入申し込みはこちらからどうぞ!

ササキ

『月刊Basser』30周年記念ロッド開発ストーリー
01a 『月刊Basser』30周年記念ロッド BAC64ML-GC “Crankin’ Custom”

価格:2万9000円(消費税・送料含む)
Basserオリジナルロッドソックス1個付き。受注は2017年2月28日(火)に締め切りとさせていただきます。


関連記事:『月刊Basser』30周年記念ロッド解説動画を公開しました!

2017/2/20

<< 2017/2 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

最新号 2017年6月号

巻頭記事では、伊豫部健さんが牛久沼に初挑戦。「バスの個体数は少ないが、出ればデカい」と言われる老舗レイクで、伊豫部さんが春を追い求めます。  間もなく連載100回を迎える「オカッパリで行こう!」では、関和学さんが霞ヶ浦水系の50cmアップにチャレンジ。  「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが春におけるバイブレーションプラグの有効性を説いています。  また、橋本卓哉さんや折金一樹さんによる5月の表層攻略法が紹介されており、実践すれば釣果に直結するヒントが満載です。  国内外のトーナメントシーンにも注目です。世界で最も名誉ある大会「バスマスタークラシック」を、フィッシングジャーナリストの雨貝健太郎さんが渾身のレポート。若干25歳にしてこの試合を制したジョーダン・リーが演じた2日目15位からの大逆転劇は必見です。  JB TOP50もいよいよ開幕。激渋の遠賀川で輝きを放ったのは市村直之さんでした。ノーフィッシュが続出するなか、得意のシャッドとネコリグでバスを絞り出した戦略とは。「バスプロ・市村直之」の生い立ちやトーナメント遍歴、2008年に遠賀川で味わった悪夢など、開幕戦優勝に至るまでのドラマが描かれています。  特別付録の『fenwick Aces Concept Book』では、フェンウィックの新たなフラッグシップ「Aces(エイシス)」の全モデルをウエイト別のベンディングカーブとともに紹介。ロッドに秘められたプロスタッフのこだわりや、日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたフェンウィックの歴史も知ることができるスペシャルな特典です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING