サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

霞ヶ浦、沖の単杭。

霞ヶ浦、沖の単杭。

Basser編集部=写真と文
霞ヶ浦で「沖の単杭は、釣れるとデカい」という話は耳にしていました。

けど、実際にそういうスポットから釣るシーンを目の当たりにしたのは

今月号で大藪厳太郎さんを取材したときが初めて。


今まで見てきた霞ヶ浦のバスのなかで、1番きれいな魚でした。
g2
ベイトフィッシュに着目してきちんとパターンを組むとこんな出会いができるんですね。

いくらマッディーシャローの霞ヶ浦といっても

ひとつ覚えにカバーを撃つだけでは、こうはいきません。

g3
ヒットルアーはジャバロン90のヘビダンです。

詳細は販売中の今月号をご覧ください。



ちなみにストマックチェックでザリガニを検出したカナザワさんとササキは

「「消化中のザリガニは臭い」」と声を揃えておりました。

そんな「秋ザリパターン」のヒントも大藪さんの記事に掲載されております。(ヤマガタ)



おまけ
g4
昨冬(霞ヶ浦が1年でもっともタフな2月初旬)の取材で釣ってくれた1尾。

ハリで突いたら破裂しそうなくらいパンパンでした。

たしか45cmアップの1700gで、昨年の大藪さんの初バスだったはず。

大藪さんは「霞ヶ浦らしからぬバス」が釣れるアングラーだと思います。

観点が独特というか

霞ヶ浦の常識に縛られずパターンフィッシングの王道をいってるというか。

だから取材でこんな凄いバスが釣れるんですね~。

2008/10/10

<< 2008/10 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新号 2017年4月号

実釣記事では、メジャーレイクでビッグバスが続出! 川島勉さんと田辺哲男さんは亀山湖で、並木敏成さんは相模湖でいち早く春を捉え、それぞれテキサスリグ、ジャークベイト、パワーフィネスという異なるスタイルで50cmクラスを手にしています。三寒四温と言われる3月。春らしい釣りにチャレンジするか、まだまだ冬の釣りをしなければならないのか……。そんな悩ましい早春を釣るヒントが数多く紹介されています。  特集は、プロアングラーの道具を公開する「Inside his Box」の拡大版。伊豫部健さんの一軍アメリカンルアーや五十嵐誠さんの快進撃を支えたソフトベイト、市村直之さんの早春の琵琶湖攻略厳選ルアーなど、本気のセレクトは必見です。そのほか、小森嗣彦さんのシンカーや加藤誠司さんのフック、そして福島健さんの工房や赤羽修弥さんの釣り部屋などの「箱」も大公開。タックルセレクトに対するこだわり、そしてバスフィッシングへの情熱をご覧ください。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING