サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

眠し。

眠し。

Basser編集部=写真と文
JB TOP50野尻湖戦の取材から会社へ戻って(片道300km)、今、後片付けが終わりました。

昨日の朝から仮眠2時間で稼動してます。いい加減、眠いです。

一般には1日8時間労働だそうですが、時間だけならこの1日で3日分です。



まぁ、TOP50の取材ではこれがいつものこと。

開幕戦の旧吉野川からも(700km)、第2戦の七色貯水池からも(700km)、

試合が終わってからノンストップ、不眠不休、

かつ、ひとりでハンドルを握り、

帰宅ではなく帰社して校正作業をしました。

2年前には広島県の土師ダム(900km)から、取材終了直後にやはりひと晩で帰社して仕事したこともあります。

はっきり言って、この体力勝負が5年(今のところ23戦)もできるのは、幣誌の歴代編集部員のなかでも自分ひとりと自負してます。

そのうち死ぬな……。



ところで、釣り道具は持っていったし、遊漁証(525円)も買いましたけど、20投しかできませんでした。このへんに「歳くったなぁ」と感じます。(ヤマガタ)

2008/8/25

<< 2008/8 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おすすめ記事

最新号 2017年2月号

今号は、寒い季節だからこそ効果的なハードベイトを、クランキングを中心に特集。宮廣祥大さんが琵琶湖でマグナムクランクを引いてロクマルを手にしたり、伊豫部健さんが旧吉野川水系で50cmアップを含むナイスサイズをフラットサイドクランクで連発したり、編集部スタッフがシャッドで自己記録を更新したり……。出しどころと使い方さえ理解できれば、ハードルアーはたくさんのバスを連れてきてくれることがわかる内容となっています。  ほかにも、編集部員が赤羽修弥さんに弟子入りして免許「仮」伝を目指す「シャッド道場」や、H-1グランプリの歴代優勝者による内容の濃い対談など見どころがたくさん。読み終わった瞬間から釣りに行きたくてたまらなくなります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING