サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

皆様、お天道様、ありがとうございました!!

皆様、お天道様、ありがとうございました!!

Basser編集部=写真と文

一昨日、昨日とオールスターに関わってくれたすべての方々に感謝です。

ご来場の皆様、選手の皆様、協賛各社様、W.B.S.スタッフを始めとするスタッフ様、

本当にありがとうございました。



懸念されていた日曜日の天気も、会場の撤収が済むまでなんとか持ちこたえ、

土砂降りになったのは最後のスタッフが会場を出た直後でした。

台風情報や週間天気予報を見て、

一週間かそれ以上前から晴れてくれと願っていたスタッフにとって、

この雨のタイミングもかなり鳥肌モノでした。

01
2台の車に満載のこの荷物も今は倉庫の中です。

ちなみにワタクシ、今朝は会場からほど近い、すき屋の駐車場で目覚めました。

助手席までブルーシート満載の右の車の、直角に立った運転席で8時間爆睡しました。

寝る前に食べた大盛り牛丼が夢のように美味かったです。

(ホリベ)

2012/10/29

<< 2012/10 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新号 2017年2月号

今号は、寒い季節だからこそ効果的なハードベイトを、クランキングを中心に特集。宮廣祥大さんが琵琶湖でマグナムクランクを引いてロクマルを手にしたり、伊豫部健さんが旧吉野川水系で50cmアップを含むナイスサイズをフラットサイドクランクで連発したり、編集部スタッフがシャッドで自己記録を更新したり……。出しどころと使い方さえ理解できれば、ハードルアーはたくさんのバスを連れてきてくれることがわかる内容となっています。  ほかにも、編集部員が赤羽修弥さんに弟子入りして免許「仮」伝を目指す「シャッド道場」や、H-1グランプリの歴代優勝者による内容の濃い対談など見どころがたくさん。読み終わった瞬間から釣りに行きたくてたまらなくなります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING