サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

注目の新刊をご紹介!

注目の新刊をご紹介!

Basser編集部=写真と文
1

釣力UP!⑧
壁を破る超常識シリーズ

『ある日突然バス釣りが上手くなる』著:青木大介
四六判並製144P 定価:998円(税込)



「自称中級」から本当の中級レベルのアングラーに成長するためのヒント集


「正しい基本を知って、まずはそれを確実に実践すること」
「自分の一挙一動の意味を考え、バスの動きをイメージし続けること」

                         (青木大介)



 JB TOP50を始めとするトーナメントシーンで、
今、もっとも輝いているアングラー・青木大介さんの、
全編書き下ろしによる初の著書です。

 「『自称中級』から脱するためのヒント集」が
コンセプトの本書ですが、
別掲のとおり、
初級者から上級者まで気になるコンテンツを
ズラリと取り揃えました。

 読めば、
「わかっているようでわかっていなかった基本」や
「こういうふうに考えているから青木さんは釣れるんだ!」
という発見が、いくつもいくつもあるはずです。
 そうして本書から得た
「それまでの自分になかった何か」を意識して水辺に立てば、
あなたのバス釣りはきっと変わる! 
そう言いきってしまいたいほどに内容大充実の一冊です。




目 次

壱ノ扉 知らなきゃ大損! テクニック以前の超常識

バスはどこにいるのか
ルアーで釣りやすいバスと釣りにくいバス
バス釣りを簡単にしてくれる要素① 気象条件編
バス釣りを簡単にしてくれる要素② ストラクチャー(地形変化や障害物)とスクール(群れ)編
バス釣りを簡単にしてくれる要素③ 季節編「春」
バス釣りを簡単にしてくれる要素④ 季節編「夏」
バス釣りを簡単にしてくれる要素⑤ 季節編「秋」
バス釣りを簡単にしてくれる要素⑥ 季節編「冬」


弐ノ扉 それでいいのか? タックル大検証

ルアーセレクトの基本
フックの重要性
ラインの機能・性能は「超」重要
シンカーの形状と重量のセレクト
ジグヘッドについて
ロッドは3要素をチェック
リールのギヤ比について
魚探のお薦めは「1画面2周波数表示のGPS機」
ボートに乗って釣りをしてみよう


参ノ扉 実戦編 釣果アップを促進する7キーワード

「クリアウォーターでバス釣りを覚えること」の利点
「イマジネーション」の重要性
「メインのエサ」は魚類?甲殻類?
初めての釣り場に立ったら「まずどこに目をつける」べきか
「ズル引き」こそ究極の基本
なかなかできない「ステイと速巻き」
「シェイクやジャーク、トゥイッチ」などの出しどころ


四ノ扉 “自称中級”が落ちる穴

自分の中の常識を破ろう
キャスト精度の重要性
普段とは異なるフィールドへ行くと手も足も出なくなるアングラーの打開策
週1アングラーは粘るべきか?動くべきか?
上手い人との出会い・ガイドの利用の仕方・釣り雑誌や番組の利用方法
コレだという最終手段に頼らない
水面とボトム以外はすべて中層。広い中層の釣り方
プレゼンテーションの重要性 1本の杭をどう釣るか
「ショートバイト」と言い訳をしないために


伍ノ扉 まだある!明日へのヒント

ライン径は釣果に影響するのか
確実なフッキングとファイト
見えバスにどうルアーをキャストするか
デカいバスを釣りたいなら



(ホリベ)

2011/6/28

<< 2011/6 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新号 2017年2月号

今号は、寒い季節だからこそ効果的なハードベイトを、クランキングを中心に特集。宮廣祥大さんが琵琶湖でマグナムクランクを引いてロクマルを手にしたり、伊豫部健さんが旧吉野川水系で50cmアップを含むナイスサイズをフラットサイドクランクで連発したり、編集部スタッフがシャッドで自己記録を更新したり……。出しどころと使い方さえ理解できれば、ハードルアーはたくさんのバスを連れてきてくれることがわかる内容となっています。  ほかにも、編集部員が赤羽修弥さんに弟子入りして免許「仮」伝を目指す「シャッド道場」や、H-1グランプリの歴代優勝者による内容の濃い対談など見どころがたくさん。読み終わった瞬間から釣りに行きたくてたまらなくなります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING