サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

沖田護さんと石川正勝カメラマンと。

沖田護さんと石川正勝カメラマンと。

Basser編集部=写真と文
1月25日に高滝湖で初バスを釣り、

1月30日に横利根川でデコり、

昨日、2月25日に利根川へ行ってきました。

釣行が月末に集中しているのは、ここが編集作業の谷間だから。

このタイミングを逃すワケにはいきません。



今回は、ゴージャスなことに沖田護さんのバスボートで、

カメラマンの石川正勝さんもいっしょに出ました。

沖田さんといえば昨日のブログにもあるとおり、

取材中に黒部川で55cm(ウエイトは2500gくらい?)を釣った方。

役得です。

そして期待大です。



ということで、モチロン釣らせていただきました。
sgfd
最新号で沖田さんに紹介していただいた、ジャークベイトの弱ジャーク(トゥイッチよりは強い)で釣りました。たぶんオス。

ku
ヒットルアーはコレ。ジャッカルのスカッドミノー95です。ダートのキレ味鋭い超お気に入りで、ラージもスモールもシーも、ニゴイもキャットフィッシュもよく釣れます。ロッドはテクナグランプリTAV-GP64CMJ、リールはTD-Z105HL、ラインはスーパーFCスナイパー12Lb。

そして石川カメラマンも…
sdgs
初バスをキャッチ! 4inパワーホッグのテキサスリグで、お腹フカフカの40cm、プリスポーンのメスを釣りました。川バスらしく、とってもいい引きしてました。ボート際で真下へ突っ込んだりもして…、春ですねェ。バスが元気です(水温は6℃台でしたけれど)。

もう1尾。
fhg
痩せた25cmですけど、まだ2月。貴重な貴重なバスです。3inパワーホッグの5gテキサスリグでカバーを撃ったら、フッキングで飛んできました(バラしたと思いました)。フックはキロフック♯1/0、ロッドはIMX783C、リールはTD-Z105HL、ラインはPbライン・フロロカーボンの14Lb。



3尾とも、食ってきたのは水深50cm以浅でした。

スカッドシャッドで釣ったのは、水深1.5mの水面下0.5m(中層)。

痩せ小バスは、カバーの直下0.1m(中層)。

石川さんがプリスポーンを釣ったスポットなんて、水深0.3m程度(ボトム)しかありませんでした。

旬のバスはもう完全に浅いほうを意識してるんですね。



氷雨がパラつく天候でしたが、利根川に春を感じることができました。

沖田さん、ありがとうございました。

石川さん、本当にいい魚でした。
(ヤマガタ 2009年の釣行日数:3/釣果:3尾/最大魚:45cm/釣率:0.67)

2009/2/26

<< 2009/2 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新号 2017年6月号

巻頭記事では、伊豫部健さんが牛久沼に初挑戦。「バスの個体数は少ないが、出ればデカい」と言われる老舗レイクで、伊豫部さんが春を追い求めます。  間もなく連載100回を迎える「オカッパリで行こう!」では、関和学さんが霞ヶ浦水系の50cmアップにチャレンジ。  「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが春におけるバイブレーションプラグの有効性を説いています。  また、橋本卓哉さんや折金一樹さんによる5月の表層攻略法が紹介されており、実践すれば釣果に直結するヒントが満載です。  国内外のトーナメントシーンにも注目です。世界で最も名誉ある大会「バスマスタークラシック」を、フィッシングジャーナリストの雨貝健太郎さんが渾身のレポート。若干25歳にしてこの試合を制したジョーダン・リーが演じた2日目15位からの大逆転劇は必見です。  JB TOP50もいよいよ開幕。激渋の遠賀川で輝きを放ったのは市村直之さんでした。ノーフィッシュが続出するなか、得意のシャッドとネコリグでバスを絞り出した戦略とは。「バスプロ・市村直之」の生い立ちやトーナメント遍歴、2008年に遠賀川で味わった悪夢など、開幕戦優勝に至るまでのドラマが描かれています。  特別付録の『fenwick Aces Concept Book』では、フェンウィックの新たなフラッグシップ「Aces(エイシス)」の全モデルをウエイト別のベンディングカーブとともに紹介。ロッドに秘められたプロスタッフのこだわりや、日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたフェンウィックの歴史も知ることができるスペシャルな特典です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING