サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

本日スタート!

本日スタート!

Basser編集部=写真と文
本日午後3時より

弊社つり人社の公式HPが全面リニューアルします!

以前のものとはずいぶんと雰囲気が変わっております。

もちろん雰囲気だけではなく中身も一新!

定期誌「月刊つり人」、「Basser」、「FlyFisher」、「NorthAnglers」の

創刊号から最新号までの表紙を全部見られる「全表紙アーカイブ」や、

つり人社67年の歴史がわかる「ヒストリー」、

昔の記事を社長自ら解説する「あの日の記事を、いま読んで」など、

新しいコーナーが目白押しです。

また、このバサー部屋をはじめ

各ブログもこれまでどおり継続いたします。

コーポレートサイトのURLはこれまでどおりコチラ



また、それよりも早い本日正午には

弊社がコンテンツを提供する新しい釣りサイトTSUTTA もオープン!

ハンドメイドルアーや和竿など

手作りの釣り具の魅力をあますところなく紹介し、

その場で購入もできます。

単なる商品紹介だけではなく

商品が生まれる現場、つまり工房の雰囲気や

匠の素顔にまで迫っており

買い物目的以外はなくてもじっくりと見せる、読ませるサイトになっていますよ。

ルアーフィッシング、フライフィッシング、カープフィッシングなど各ジャンルのコラムも充実。

さらに今なら、人気ルアーブランドの「Budd & Joey Company」の

オリジナルポストカードとオリジナルステッカーが当たる

プレゼントキャンペーンも開催中!

弊社コーポレートサイトともども、ぜひ一度、ご覧ください!!

(アマノ)

2013/5/13

<< 2013/5 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

おすすめ記事

最新号 2017年2月号

今号は、寒い季節だからこそ効果的なハードベイトを、クランキングを中心に特集。宮廣祥大さんが琵琶湖でマグナムクランクを引いてロクマルを手にしたり、伊豫部健さんが旧吉野川水系で50cmアップを含むナイスサイズをフラットサイドクランクで連発したり、編集部スタッフがシャッドで自己記録を更新したり……。出しどころと使い方さえ理解できれば、ハードルアーはたくさんのバスを連れてきてくれることがわかる内容となっています。  ほかにも、編集部員が赤羽修弥さんに弟子入りして免許「仮」伝を目指す「シャッド道場」や、H-1グランプリの歴代優勝者による内容の濃い対談など見どころがたくさん。読み終わった瞬間から釣りに行きたくてたまらなくなります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING