サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

日本人勢の来期”The Classic”一番ノリは深江真一さん!

日本人勢の来期”The Classic”一番ノリは深江真一さん!

Basser編集部=写真と文

既報のとおり、B.A.S.S.ノーザンオープン第2戦で深江真一さんが優勝!

エリート昇格へ向けて同ディビジョンでのランキングを2位へ押し上げるとともに

来年2月20~22日にレイク・ハートウェル(サウスキャロライナ州)で開催される

2015 Bassmaster Classicの出場権を獲得しました!
(※エリート8戦とオープン計9戦の勝者にはザ・クラシックの権利が与えられる)



ちなみに開催地のレイク・ハートウェルで深江さんはすでに3度の試合経験があり、

新しいところでは今年のFLWツアー第2戦(3月初旬開催)でも同湖で釣りをしています。

そのときは45位フィニッシュで賞金圏に入りました。



来年のザ・クラシックの開催時期は2月20~22日。

極寒のなかで競われることになりそうですが、

そこで寒さが異常に長引くなかで開催された今年3月のFLW戦の経験が生きてくるはず。

ディープありのクリアウォーターリザーバー戦は深江さんが得意とするところですし、

これはとっても期待してしまいます!



それにしても今年ノリにノッている深江さん。

シーズン終盤はFLWカップ、FLWレイオバックシリーズチャンピオンシップ

そして来シーズンの開幕はB.A.S.S.クラシックと

年またぎでタイトルマッチ3連戦になります。


深江真一オフィシャルブログ”LIFE IS GOOD”

(ホリベ)

2014/8/4

<< 2014/8 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2017年4月号

実釣記事では、メジャーレイクでビッグバスが続出! 川島勉さんと田辺哲男さんは亀山湖で、並木敏成さんは相模湖でいち早く春を捉え、それぞれテキサスリグ、ジャークベイト、パワーフィネスという異なるスタイルで50cmクラスを手にしています。三寒四温と言われる3月。春らしい釣りにチャレンジするか、まだまだ冬の釣りをしなければならないのか……。そんな悩ましい早春を釣るヒントが数多く紹介されています。  特集は、プロアングラーの道具を公開する「Inside his Box」の拡大版。伊豫部健さんの一軍アメリカンルアーや五十嵐誠さんの快進撃を支えたソフトベイト、市村直之さんの早春の琵琶湖攻略厳選ルアーなど、本気のセレクトは必見です。そのほか、小森嗣彦さんのシンカーや加藤誠司さんのフック、そして福島健さんの工房や赤羽修弥さんの釣り部屋などの「箱」も大公開。タックルセレクトに対するこだわり、そしてバスフィッシングへの情熱をご覧ください。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING