サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

今年の最後はどこに釣りしに行こうか……?

今年の最後はどこに釣りしに行こうか……?

Basser編集部=写真と文
釣って終わりたい! となったら水郷のオカッパリかな~。

黒部川この年の冬は、行けば1尾以上は釣れました。ほかに釣り人がほとんどいなくて、いい場所に必ず入れたので。今年はどうでしょうか?

オールスターの山木さんをマネてシャッドで釣ってみたいですが……、出遅れました。金澤さんとかけっこういい釣りをしてるみたいです。

あとは、篠塚亮先生に習った次号掲載の「テトラ撃ち」ができる場所。
001
今回の「テトラ撃ち道場」で使ったリトルレインズホッグと……
002
3.5in Gテールサターンを用意していただき、
先生の講義は26日の発売をお待ちください。 m(__)m ヨロシクオネガイシマス
003

あとは、水郷エリアのシャッドを巻くような場所で、風がなければ回転I字系も巻きたいです。

ドロ底・落ち葉堆積系の場所ではリアに1枚ペラのプロップマジック、
ハードボトム系では前後2枚ペラのステルスペッパー110FSが使いやすくて、
個人的には釣ってます。去年の冬から。

どちらも致命的な根掛かりが多い場所ではダブルフックに交換……するのではなく、
すべてのフックのバーブをつぶして、岸と並行引きしかしないようにすれば、
魚の掛かりはそのままに、ルアーロストが減ります。
根掛かり回収器さえあれば、怖いのは土嚢系だけなので。

004
45cmくらいのが釣れるはずの場所だったので、ぐーっときたときは……
勝った! ロッドもらった!
と思ったのですが。関和さんとこのオカッパリ大会でのことです。

(ホリベ)

2012/12/20

<< 2012/12 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

おすすめ記事

最新号 2017年2月号

今号は、寒い季節だからこそ効果的なハードベイトを、クランキングを中心に特集。宮廣祥大さんが琵琶湖でマグナムクランクを引いてロクマルを手にしたり、伊豫部健さんが旧吉野川水系で50cmアップを含むナイスサイズをフラットサイドクランクで連発したり、編集部スタッフがシャッドで自己記録を更新したり……。出しどころと使い方さえ理解できれば、ハードルアーはたくさんのバスを連れてきてくれることがわかる内容となっています。  ほかにも、編集部員が赤羽修弥さんに弟子入りして免許「仮」伝を目指す「シャッド道場」や、H-1グランプリの歴代優勝者による内容の濃い対談など見どころがたくさん。読み終わった瞬間から釣りに行きたくてたまらなくなります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING