サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

ムシパターンのアワセ方。

ムシパターンのアワセ方。

Basser編集部=写真と文
どうして昔の写真を連続でアップしているかといいますと、

今、昔の写真を整理中なので

ついでにここ数日ブログを書いてなかった分を取り戻そうというワケなのです。

利根川のお次は「ムシパターンのアワセ方」。

なんの脈絡もありませんが。

そして、とっくに秋ですが。



取材したのは……、たしか2年前?
1
兵庫県の野池でタイニーノイジーをポションとキャスト。甘い着水音にバスが寄ってきます。
アングラーは、もちろん相羽純一さんです。

2
寄ってきたバスがルアーをじーっと観察しています。ほとんどゼロ距離で凝視中。
このときはステイ! アクション厳禁! バスとの我慢比べです。
釣る相羽さん(当時29歳)も、300mmの望遠レンズを構える僕(28歳)も、地べたに這いつくばって草木の陰に隠れながらの取材でした。傍から見たらかなり笑える光景だったでしょう。

3
ムシパターンは食った瞬間が見えるので早アワセしがちです。
が、そうするとすっぽ抜けます。
食って反転したときにカウンター気味にアワせるとばっちり掛かります。
急がず焦らず、けれどこのタイミングを逃さずにフッキングしましょう。
クリックして写真を拡大すると、バスがルアーを吸い込んだこの瞬間は、まだラインにテンションが掛かっていない(相羽さんがアワせていない)ことがわかります。

4
ルアーはタイニーノイジーです。
ちなみに、このときは「アイバムシ」がまだ完成しておらず、
シャッドシェイプのラバー刺しがメインでした。
その後……



アイバムシ・プロトタイプ(2006年TOP50野尻湖戦ウイニングルアー)
釣れるけど使ってるうちに浸水してやがて沈没 → ボツ



アイバムシ。現在、販売中のソフトプラスチックVer.の完成、発売(2007年)。

という経緯を辿ります。

2004年のムシパターン初優勝から実に3年目の製品化成功だったんですね。
今じゃふたりとも三十路を歩いております。(ヤマガタ)

2008/10/6

<< 2008/10 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新号 2017年6月号

巻頭記事では、伊豫部健さんが牛久沼に初挑戦。「バスの個体数は少ないが、出ればデカい」と言われる老舗レイクで、伊豫部さんが春を追い求めます。  間もなく連載100回を迎える「オカッパリで行こう!」では、関和学さんが霞ヶ浦水系の50cmアップにチャレンジ。  「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが春におけるバイブレーションプラグの有効性を説いています。  また、橋本卓哉さんや折金一樹さんによる5月の表層攻略法が紹介されており、実践すれば釣果に直結するヒントが満載です。  国内外のトーナメントシーンにも注目です。世界で最も名誉ある大会「バスマスタークラシック」を、フィッシングジャーナリストの雨貝健太郎さんが渾身のレポート。若干25歳にしてこの試合を制したジョーダン・リーが演じた2日目15位からの大逆転劇は必見です。  JB TOP50もいよいよ開幕。激渋の遠賀川で輝きを放ったのは市村直之さんでした。ノーフィッシュが続出するなか、得意のシャッドとネコリグでバスを絞り出した戦略とは。「バスプロ・市村直之」の生い立ちやトーナメント遍歴、2008年に遠賀川で味わった悪夢など、開幕戦優勝に至るまでのドラマが描かれています。  特別付録の『fenwick Aces Concept Book』では、フェンウィックの新たなフラッグシップ「Aces(エイシス)」の全モデルをウエイト別のベンディングカーブとともに紹介。ロッドに秘められたプロスタッフのこだわりや、日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたフェンウィックの歴史も知ることができるスペシャルな特典です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING