サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

プロのブログ。

プロのブログ。

Basser編集部=写真と文
著名なプロアングラーの多くがホームページを持っていたり、

ブログを書いていたりしますよね。

ご覧になっている方も多いのではないでしょうか。

僕も、あくまでも仕事として、就業中に堂々と、

ボッへぇ~としているように見えて、まぁまぁ真剣に20名ほどのブログを読んでいます。



プロアングラーは、自身にとっては何でもないことを書いてるつもりでも、

僕ら編集部員にとっては「おいおい、それ、記事にさせてくださいよ」と言いたくなることを、
しばしばサラリと書くことがあります。

実際、それをキッカケに連絡を取り、ブログの内容を掘り下げて作った記事もあります。





冬なんかはとくに釣れませんから、景気のいいブログを見たりすると速攻で食いつきます。





たとえば昨冬、青木大介さんが真冬(1・2月)の山中湖で連日、ばっちりガイドを成立させていることをブログで知り、実釣取材を取り付けたことがありました(ササキが担当)。



その取材予定日、低気圧が直撃して山中湖は激荒れになり、やむなく延期。



変更した取材日の前日に青木さんから電話が





「あの…、山中湖、凍っちゃいました。

もう春まで解けそうにないんスけど…」





どうやら下見に出てくれようとしたらしいのですが、

まずスロープやその周囲からして完全凍結&雪に埋没。

沖の氷の分厚さは推して知るべし。

で、山中湖の冬の風物詩ワカサギドーム船も、Dガイドサービスも商売あがったり。

なんてことがありました。
(※ インタビュー取材で記事は作りました。内容が濃かったので、実釣取材ナシでも反響はよかったです)




さてさて、ここ最近で「おおッ!?」と衝撃を受けたブログは、

琵琶湖ガイド、大熊一徳さんの「SMILEY FISHING REPORT」
(http://smileyfishing.blog93.fc2.com)

その「2月2日の巻」です。

大熊さんといっしょに釣りをしている「ケムケムおじさん」(竹内三城さん)の



……なるほど、

「かなりレアな写真」が掲載されています。

ワールドとTOP50を5年間、通算25試合取材していますが、

ホントのホントに1度も見たことがない光景です。

大熊さんのブログは、ときどき言い回しにマイブームがあって面白いです。(ヤマガタ)

2009/2/4

<< 2009/2 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新号 2017年6月号

巻頭記事では、伊豫部健さんが牛久沼に初挑戦。「バスの個体数は少ないが、出ればデカい」と言われる老舗レイクで、伊豫部さんが春を追い求めます。  間もなく連載100回を迎える「オカッパリで行こう!」では、関和学さんが霞ヶ浦水系の50cmアップにチャレンジ。  「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが春におけるバイブレーションプラグの有効性を説いています。  また、橋本卓哉さんや折金一樹さんによる5月の表層攻略法が紹介されており、実践すれば釣果に直結するヒントが満載です。  国内外のトーナメントシーンにも注目です。世界で最も名誉ある大会「バスマスタークラシック」を、フィッシングジャーナリストの雨貝健太郎さんが渾身のレポート。若干25歳にしてこの試合を制したジョーダン・リーが演じた2日目15位からの大逆転劇は必見です。  JB TOP50もいよいよ開幕。激渋の遠賀川で輝きを放ったのは市村直之さんでした。ノーフィッシュが続出するなか、得意のシャッドとネコリグでバスを絞り出した戦略とは。「バスプロ・市村直之」の生い立ちやトーナメント遍歴、2008年に遠賀川で味わった悪夢など、開幕戦優勝に至るまでのドラマが描かれています。  特別付録の『fenwick Aces Concept Book』では、フェンウィックの新たなフラッグシップ「Aces(エイシス)」の全モデルをウエイト別のベンディングカーブとともに紹介。ロッドに秘められたプロスタッフのこだわりや、日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたフェンウィックの歴史も知ることができるスペシャルな特典です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING