サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

ネズミとの闘争日記。

ネズミとの闘争日記。

Basser編集部=写真と文
 「ネズミどーなった?」というお問い合わせを

いただいたので、その後の展開を報告します。

部屋中に仕掛けたワナで2匹のネズミを召し捕りました!

が、まだ部屋からネズミの気配は消えません。

むしろ、屋根裏は前よりも騒がしいような。

部屋のどこかにあるはずの穴を塞がないと、

大変なことになりそうです。

2匹を捕まえるまでに、

馬鹿にならない被害がありました。

●寝起きの自分がワナにかかってしまった。

●カバンが机から落下してワナにかかってしまった。

●床だと思ってクリアファイルを置いたらワナだった。

超強力な粘着シートは、一度くっついたら最後、

ネズミ以外のものも離しません。

油を塗り込めばなんとか取れたのですが、

手も、カバンも、ネバネバ……。

もう勘弁してほしいです。

(ササキ)




?????













miss2

2008/10/8

<< 2008/10 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新号 2017年5月号

バスがバスである以上、テキサスリグは永久不滅であることをここに宣言します。リーダーレスダウンショットというカバー攻略のライバルが世に定着した今、それでもなお青木大介さんと小森嗣彦さんという国内最強を争うふたりがテキサスリグにこだわるのはナゼなのか?  その理由と活用術を紹介します。そのほか、伊藤巧さんによる沖の地形変化や障害物をズル引くロングディスタンステキサスや斉藤真也さんのリアクションテキサス、大場未知さんのブルフラットテキサス、秦拓馬さんのモンスターテキサスなど、このリグの魅力を100%以上引き出している数々の技を掘り下げていきます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING