サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

コボレネタその1

コボレネタその1

Basser編集部=写真と文
現在、今月末号の校了がひと段落。

いや、まだ終わってないですけどね。

そういえば、昨晩の釣りビジョンの「五畳半の狼」観ました?

本誌に寄稿していただいているアマケンこと雨貝健太郎さんが

ゲスト出演したんですよ。

えっと、ワタシは観れなかったんですけど、

アメリカバス事情を話すって電話で言っていたので、

内容はそれだったと思います。






さて、いまは5月末号の準備に取り掛かっています。

そんでもって、PCに入っている今月号の写真を整理していたら、

並木さんのアメリカ取材時の未使用写真があったので、

このままお蔵入りさせるのはもったいないのでココで紹介します。

ま、たいした写真じゃないですけど、ヒマ潰しにどうぞ。




まずはダラス・バスプロショップ編




001b

これは入り口の天井にある照明です。

シカをモチーフにしているようです。





アメリカはハンティングも盛んなので、

↓ こんなのも展示してあります。

003b

う~ん、つぶらな瞳ですな。






もちろん、バスの剥製もありますよ!

 ↓

002b





 ↓ 意気揚々とショップに入る並木さん。

004b

実は並木さん、バスプロショップスで500ドルくらい買い物をしてました(笑)





バスプロショップスはバスやハンティング用品だけでなく、

フライフィッシングタックルやキャンプ用品も充実してます。

 ↓

005b

タイイング講座をしてました。でも、フライのコーナーは小さく、

人気はイマイチの印象を受けました。土地柄なんでしょうか。

006b

天井にはでっかいフライがぶら下がっていました。

とにかく、アメリカ人はなんでも大きくしちゃいます。




次回はこのあとに行ったショッピングモールをちょびっと紹介しますね!


(コバケン)

2008/4/18

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2017年2月号

今号は、寒い季節だからこそ効果的なハードベイトを、クランキングを中心に特集。宮廣祥大さんが琵琶湖でマグナムクランクを引いてロクマルを手にしたり、伊豫部健さんが旧吉野川水系で50cmアップを含むナイスサイズをフラットサイドクランクで連発したり、編集部スタッフがシャッドで自己記録を更新したり……。出しどころと使い方さえ理解できれば、ハードルアーはたくさんのバスを連れてきてくれることがわかる内容となっています。  ほかにも、編集部員が赤羽修弥さんに弟子入りして免許「仮」伝を目指す「シャッド道場」や、H-1グランプリの歴代優勝者による内容の濃い対談など見どころがたくさん。読み終わった瞬間から釣りに行きたくてたまらなくなります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING