サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

ケビンさん

ケビンさん

Basser編集部=写真と文
なんで強いのか

こんなに勝てるのか

エリア選び?
エリートレベルでそんなスペシャルな場所なんて… 実際、バッティングはしてる。そのうえでも勝ってる

ルアー? テクニック?
秘密はないでしょ。動画でバンバン放送されてるわけだし

戦略?
ラン&ガンのリズムや判断がどーたら? は、あるんだろうけど、それだけか? という気が

総合力でうんちゃら?
そんな曖昧なもんでここまで勝てないでしょ

ケビンさんは流行の発端になることが多いので
きっとローカルな釣り方にも高感度なアンテナを立てていて
研究熱心なんだろーなーとは思うけど

ほかにも

なにかあるのでは?

見えてるけど気づかないところに、なにかが

根本的な部分で違ってないと、こうは勝てない気がする

それが、ケビンさんしか気づいてないバスの習性とか

こうすりゃ釣れるという普遍的なルアー操作なのか

ラインの存在を消したりできる方法かなにかなのか…わかんないけど

そういう具体的で魔法的なものがあるんじゃないかと思ってしまう



総合力だ経験値だと言われるより

「ワタシは魔法を使ってる」と言われたほうが納得しますよ、僕は

(ヤマガタ)

2010/2/22

<< 2010/2 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

最新号 2017年5月号

バスがバスである以上、テキサスリグは永久不滅であることをここに宣言します。リーダーレスダウンショットというカバー攻略のライバルが世に定着した今、それでもなお青木大介さんと小森嗣彦さんという国内最強を争うふたりがテキサスリグにこだわるのはナゼなのか?  その理由と活用術を紹介します。そのほか、伊藤巧さんによる沖の地形変化や障害物をズル引くロングディスタンステキサスや斉藤真也さんのリアクションテキサス、大場未知さんのブルフラットテキサス、秦拓馬さんのモンスターテキサスなど、このリグの魅力を100%以上引き出している数々の技を掘り下げていきます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING