サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

クラシックの結果は……。

クラシックの結果は……。

Basser編集部=写真と文

小森嗣彦さんの優勝でした。

で、踏み止まって2位に相羽純一さん。



河口湖はまだ桜が咲いてませんでした。

水温は10℃と低めで、バスも本調子じゃない感じ。

昨年の12kg(/7尾)男、山木一人さんがネイティブねらいで意地を見せましたが、

その他のネイティブ組は軒並み低調に終わり、

放流(養殖)バスをねらった選手たちが上位を占める結果になりました。


けれど、


「ペレットで育ったバスなんて、上から落ちてくるもんなら何でも食うんじゃないの?」

というのは、ハイ、間違いで、たしかにネイティブにはない習性も見られるものの、

釣るのはフツーに難しく、ときに簡単で、要は養殖モノもただのバス。

気圧の変化を感じて浮き沈み、光量に応じてシェードに出入り。

放流されて2週間くらいなので、

放流スポットの近辺に固まってはいますが、ちゃんと魚、してるのです。

(ヤマガタ)

2008/4/13

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2017年4月号

実釣記事では、メジャーレイクでビッグバスが続出! 川島勉さんと田辺哲男さんは亀山湖で、並木敏成さんは相模湖でいち早く春を捉え、それぞれテキサスリグ、ジャークベイト、パワーフィネスという異なるスタイルで50cmクラスを手にしています。三寒四温と言われる3月。春らしい釣りにチャレンジするか、まだまだ冬の釣りをしなければならないのか……。そんな悩ましい早春を釣るヒントが数多く紹介されています。  特集は、プロアングラーの道具を公開する「Inside his Box」の拡大版。伊豫部健さんの一軍アメリカンルアーや五十嵐誠さんの快進撃を支えたソフトベイト、市村直之さんの早春の琵琶湖攻略厳選ルアーなど、本気のセレクトは必見です。そのほか、小森嗣彦さんのシンカーや加藤誠司さんのフック、そして福島健さんの工房や赤羽修弥さんの釣り部屋などの「箱」も大公開。タックルセレクトに対するこだわり、そしてバスフィッシングへの情熱をご覧ください。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING