サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

すださん。

すださん。

Basser編集部=写真と文
霞ヶ浦を含む利根川水系のオカッパリ釣行で

年間300尾が見えてきた すださん です。

suda3
連載「すださんの利根川水系オカッパリ生活」には、たくさん釣りをして、たくさん釣っている人だから言える大切なことが簡潔な言葉で書かれています。



「利根川水系のオカッパリ」ということは僕とまるでいっしょ。

僕の場合、霞ヶ浦、利根川界隈のオカッパリが8割で、

たまに牛久沼、印旗沼、

チャレンジ精神で江戸川、

稀に亀山湖、高滝湖でレンタルボートという感じです。

で、編集後記を見返して、今年、何尾釣っているか数えたところ、

先日の1尾を加えて62尾でした。



すださんの……、5分の1かい……。

いっしょなのは釣りをしてる場所だけでした(涙)。



改めて、すださんはスゴいです。

デカいのもたくさん釣ってるし、

何よりバス釣りへの意欲を見習いたい人です。(ヤマガタ)

2008/11/27

<< 2008/11 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新号 2017年4月号

実釣記事では、メジャーレイクでビッグバスが続出! 川島勉さんと田辺哲男さんは亀山湖で、並木敏成さんは相模湖でいち早く春を捉え、それぞれテキサスリグ、ジャークベイト、パワーフィネスという異なるスタイルで50cmクラスを手にしています。三寒四温と言われる3月。春らしい釣りにチャレンジするか、まだまだ冬の釣りをしなければならないのか……。そんな悩ましい早春を釣るヒントが数多く紹介されています。  特集は、プロアングラーの道具を公開する「Inside his Box」の拡大版。伊豫部健さんの一軍アメリカンルアーや五十嵐誠さんの快進撃を支えたソフトベイト、市村直之さんの早春の琵琶湖攻略厳選ルアーなど、本気のセレクトは必見です。そのほか、小森嗣彦さんのシンカーや加藤誠司さんのフック、そして福島健さんの工房や赤羽修弥さんの釣り部屋などの「箱」も大公開。タックルセレクトに対するこだわり、そしてバスフィッシングへの情熱をご覧ください。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING