サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

お見通し。

お見通し。

Basser編集部=写真と文
ちょっと、身体中の関節が痛くて、

ノドも痛くて、タンもからむし、鼻水ズビビで、

目の奥と自分の息が熱いけど、

どうやらインフルではないようでひと安心。

そして

ケータイが復活!

通話中に異音が響くなどの後遺症は気になりますけど、

まぁ、セーフ?



ところで、つい先ほど相羽純一さんから電話がありました。

開口一番

「あ~あ、黒はこすっちゃダメなんですよ~?」

うッ……。

それだけで相羽さんが何を言ってるのかわかりました。

一昨日、書きかけでダウンしたブログの内容のことです。



どーにもポークフレックスが効きにくいガンコポークも

濃いめのポークフレックス液にしばらく浸したあと、

黄と緑のスポンジの緑のほう(硬いほう)で

裏側(平らな面)をガシガシやると

皮が削れてペラペラに薄くなっちゃうのですが、まぁ、よく動くようにはなるんです。

テロテロではなく、あくまでもペラペラですが。



ただ、今まで、この方法をブラックではやったことがなかったんです。

結果、ご覧(↓)のありさまに。



まぁ、あれです。

黒と白の明滅効果ってヤツですか? 期待できるのではないでしょーか。(ヤマガタ)

2009/1/19

<< 2009/1 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新号 2017年2月号

今号は、寒い季節だからこそ効果的なハードベイトを、クランキングを中心に特集。宮廣祥大さんが琵琶湖でマグナムクランクを引いてロクマルを手にしたり、伊豫部健さんが旧吉野川水系で50cmアップを含むナイスサイズをフラットサイドクランクで連発したり、編集部スタッフがシャッドで自己記録を更新したり……。出しどころと使い方さえ理解できれば、ハードルアーはたくさんのバスを連れてきてくれることがわかる内容となっています。  ほかにも、編集部員が赤羽修弥さんに弟子入りして免許「仮」伝を目指す「シャッド道場」や、H-1グランプリの歴代優勝者による内容の濃い対談など見どころがたくさん。読み終わった瞬間から釣りに行きたくてたまらなくなります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING