サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

うるわしきラスバスの思ひ出。

うるわしきラスバスの思ひ出。

Basser編集部=写真と文
 ササキです。

みなさま、初バスは手にしましたか?

僕はまだです。

今日は昨年のラスバスの思い出にひたりたいと思います。



あれは去年の大晦日でした……。

広島県北部にある僕の故郷は、中国山地のまっただなかにあるため、

冬はメチャクチャ寒いです。

鼻水が凍ります。

ツララができます。

それでもバスを釣りたかった僕は、近くの野池に向かいました。

全体的に浅い池なのですが、取水塔の際だけ水深が5mあり、

教科書どおりの冬のスポットになっています。

恥ずかしいことに、冬の広島で、

ここ以外で釣ったことありません。

まぁ、生涯2尾だけですけど……(少なっ!)。


そのスポットに着いたのが14時半、

それから2時間、5mと移動することなく

シェイクし続けました。

一投に10分かけて、スモラバやダウンショットリグなどを

ひたすら揺すったわけです。

僕、ホントはこんなに根気強くないです。

わざわざ雪のなか自転車を漕いで池に向かったため、

きっと意地になっていたんでしょう。

パチンコで負けすぎて、

「出さずに帰れるかーっ!」状態です。


で、16時半、

いきなり、クンッ!

釣れましたーーーーーーーーー!

ラスバ
















サターンワームのダウンショットリグで釣りました。

チビッコですがそんなの関係ありません。

あぁ嬉しい。



新年になってから、

3日連続で同じ場所に行き同じルアーで同じようにシェイクして、

2尾目のドジョウをねらいましたが、

ピクリともきませんでした。

なんで?




このラスバスの思い出が、

新年の僕の現実逃避ネタNo1です。

2月中旬になって、ラスバスの思い出にすがるしかない自分が悲しすぎる……。

早く釣りに行って初バスを釣って、

現実逃避用の思い出を増やしたいです。

(ササキ)


2009/2/12

<< 2009/2 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新号 2017年5月号

バスがバスである以上、テキサスリグは永久不滅であることをここに宣言します。リーダーレスダウンショットというカバー攻略のライバルが世に定着した今、それでもなお青木大介さんと小森嗣彦さんという国内最強を争うふたりがテキサスリグにこだわるのはナゼなのか?  その理由と活用術を紹介します。そのほか、伊藤巧さんによる沖の地形変化や障害物をズル引くロングディスタンステキサスや斉藤真也さんのリアクションテキサス、大場未知さんのブルフラットテキサス、秦拓馬さんのモンスターテキサスなど、このリグの魅力を100%以上引き出している数々の技を掘り下げていきます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING